カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 片頭痛(偏頭痛) >
  4. 対処・予防法 >
  5. その他 >
  6. 音過敏で頭痛に悩まされている人必見!耳栓の種類と特徴

頭痛

音過敏で頭痛に悩まされている人必見!耳栓の種類と特徴

 

 

片頭痛の患者さんが悩まされている音過敏。音で頭痛が誘発されるという人は、日常生活での対策が必要です。耳栓をするもの1つの手です。

 

 

現在市販されている耳栓は、大きく3つのタイプに分けられます。

 

低反発のポリウレタンフォームタイプ

⇒指先でつまんで細く変形させてから耳の穴に挿入し、元の形に復元することでフィットさせる仕組み。市場では相当のシェアを占めています。

 

メリット

フィット感が高い

遮音性が高い

・単価も安い

装着したままの就寝が可能

 

デメリット

・耳垢が湿性である場合に汚れやすい

・挿入時に指先で変形させる必要があることから衛生的な問題がある

温度の変化に影響されやすく、冬場になるとカチカチになってしまう粗悪な製品もある

 

35層のヒダ状の仕切りを持つタイプ

⇒タテに持つと樹木のようなシルエットをしていることが特徴で、軸となる部分をつまんで耳の穴に挿入します。気圧の変化に強いのが特徴で、製品パッケージには航空機での利用を想定した絵柄やコピーが書かれていることが多いです。

 

メリット

・洗うことで繰り返しの使用が可能で、衛生面の問題は少ない

・繰り返し使えることから、結果的にコストパフォーマンスは高い

・多くは水中での利用に対応している

 

デメリット

・同じように挿入したつもりでも聞こえたり聞こえなかったりする

・軸となるパーツがあるため、装着したまま横になって睡眠を取るのは基本的に難しい

 

 

パテ状になった耳栓

⇒これは主に水泳やダイビングといった用途で使われるタイプで、指先でこねて耳の穴を覆うように装着します。遮音性よりもむしろ防水性を優先したタイプ。あまり市場で見かけることはないです。1回限りの使い捨てです。

 

メリット

防水性は高い

 

デメリット

・利用時はパテで耳の穴をふさいだような外観になるため、見た目があまりよろしくない

 

 

 

耳栓はなかなか使い比べる機会のない製品であるだけに、ぜひ今回の記事を参考に、自分にぴったりの耳栓を探してみてください。

 

(Photo by://pixabay.com/ja/%E9%A0%AD-%E7%9B%AE-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%81%9D%E3%81%AE-%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%92-%E5%B7%A6-%E5%8F%B3-%E5%9B%B3-%E6%A6%82%E8%A6%81-25595/)

著者: 近藤雄太さん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

太極拳が片頭痛に効く理由!

    日本での患者数が800万人と言われる片頭痛ですが、その予防法に太極拳...

片頭痛はなぜ起こるの?傾向と対策について

  頭痛はなぜ起こるのでしょうか?片頭痛が起きやすい人の生活習慣と対策をま...


片頭痛の人向けの上手な入浴方法

片頭痛は血管の拡張との関連性があります。血管を拡張させる入浴のときの注意点を...

セロトニンを増やして片頭痛を防ごう!

    日本国内で800万人以上、病院受診率が頭痛の中でも一番の片頭痛ですが...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る