カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 新陳代謝 >
  5. 痩せる体質を作るふくらはぎの揉み方はこれだ!(前編)

美容・ダイエット

痩せる体質を作るふくらはぎの揉み方はこれだ!(前編)

     

 

「しっかり運動をしているのになかなか体重が減らない…」など、ダイエットをしていてもなかなか効果の表れを実感できない人や、足や体がむくんでボディラインが気になる人は、代謝の悪い体になってしまっているかもしれません。痩せて綺麗なボディラインを作るには、血行を良くして代謝を高めましょう。

 

代謝を高めるマッサージとしては、ふくらはぎを揉みほぐしてあげることが効果的とされています。ふくらはぎを揉みほぐすと全身の血流が促進され、スムーズな血流に乗って様々な栄養素や酸素が身体のすみずみまで運ばれることで、ありとあらゆる場所の細胞が活性化し代謝が上がります。その結果、痩せやすい体質になるというわけです。

 

そこでこちらでは前編と後編にわたり、効果的なふくらはぎの揉み方をご紹介したいと思います。気になる方は是非参考になさってくださいね。

 

 

◆ふくらはぎの揉み方

(1)全体をさすり揉む

マッサージには様々な揉み方が存在します。

しかし、マッサージをする箇所がふくらはぎとなると「さする・揉む・叩く」といったこの3つの方法がより効果的なものだとされています。マッサージする時間もない!という方は、毎日以下のことだけは行うようにすれば、随分と代謝が良くなります。

 

1.左足を立てて座って下さい。またその立てている左足の足首の後ろ側(アキレス腱側)に右手を当てましょう。

 

2.足首の後ろ側に当てた右手の手のひらで、アキレス腱~ひざ裏へと、足から心臓に向かっていくイメージを抱きながら、ゆっくりとふくらはぎをさすりあげて下さい。呼吸は普段と同じ自然呼吸で構いません。これを左右それぞれ3~5回ほど行って下さい。

 

3.右手でアキレス腱のあたりをつまみ、先程と同様に足から心臓へ向かっていくイメージを描きながら、そのまま下から上へとひざ裏の手前まで揉んで下さい。指先で押す時に息を吐き、離す時に息を吸い、その時の呼吸法は腹式呼吸をお勧めします。これを左右それぞれ3~5回行って下さい。

 

4.右手の手のひらで、ふくらはぎの全体をまんべんなく、これも足から心臓へ向かっていくイメージで、下から上へ軽く叩いて下さい。このときも呼吸は自然呼吸で構いません。左右それぞれ3~5回ずつ行って下さい。

 

続きは痩せる体質を作るふくらはぎの揉み方はこれだ!(後編)にてご紹介いたします。

 

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2013/02/blog-post_3678.html])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

新陳代謝に関する記事

タンパク質やビタミンB群、カリウムなど…夏太りを防ぐために積極的にとりたい栄養素!

   現代は夏バテで痩せるより、夏太りする人が多くなっているようです。今回は、...

食事制限はもう古い!?新陳代謝を上げる食品でダイエットしよう

  年齢とともに、ダイエットの効果が表れにくくなっていませんか?それは、新...


ダイエットに効果的!?胃から分泌されるホルモン「グレリン」は食欲に関係する!

女性なら一度はダイエットに励んでみたことがあるのではないでしょうか。今回はダイ...

新陳代謝をあげるには汗をかけばいい!?

  新陳代謝をあげたいと思った時によくあるのが汗をかくことではないでしょう...

カラダノートひろば

新陳代謝の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る