カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. パーソナリティ障害 >
  4. 情緒不安定性パーソナリティ(人格)障害の診断基準とは

メンタル

情緒不安定性パーソナリティ(人格)障害の診断基準とは

日本での精神障害に関する診断に用いられている「ICD」では、パーソナリティ障害は8種類あり、その1種類である『情緒不安定性パーソナリティ障害』の下に「衝動型」と「境界型」があるとされています。

 

日本ではこの後者である「境界型」に大きくスポットを当てられがちですが、ここでは両方の患者さんについて、広くまとめてみました。

 

▼パーソナリティ障害とは?

かつて人格障害と言われましたが、「もって生まれた性格で治らない」と差別的にとられがちだったために、『パーソナリティ障害』に名称が変更しています。

 

先天的遺伝と後天的環境の両方から作られる感情の障害であり、様々なパターンの患者さんがいます。周囲の理解を得る努力や、本人の工夫、治療で、障害を乗り越えることが可能です。

 

▼情緒不安定性パーソナリティ障害の診断基準

以下、ICDの診断基準です。

 

・感情の不安定さを伴い、結果を考慮せず衝動に基づいて行動する傾向が著しい。

・あらかじめ計画を立てる能力にきわめて乏しく、強い怒りが突発し、しばしば暴力あるいは「行動爆発」にいたることがある。

・衝動行為を他人に非難されたり、邪魔されると容易に感情の爆発が悪化する。

 

◎衝動型の場合

・情緒の不安定と衝動統制の欠如が激しくめだつ。

・暴力あるいは脅し行為が、とくに他人に批判された場合、突発するのが常である。

・爆発的および攻撃的パーソナリティ障害と合併、混同していることがある。

・非社会性パーソナリティ障害は省く。

(非社会性パーソナリティ障害:社会的責務を無視、他人への異常なまでの冷淡さと攻撃性を特徴とする)

 

◎境界型の場合

・情緒不安定ないくつかの特徴が存在し、それに加え、患者自身の自己像、目的、および内的な選択(性的なものも含む)がしばしば不明瞭であったり混乱したりしている。

通常絶えず空虚感がある。

激しく不安定な対人関係に入りこんでいく傾向があり、追い詰められたような感情に陥りやすく、見捨てられることを避けるための過度な努力と、自殺の脅しや自傷行為を行うことがある。(しかしこれらは何の引き金がなくても、突発的に起こりうる) 

 

パーソナリティ障害はまだまだ知られていない障害です。別々に育てられた双子の研究において、両方に同じパーソナリティ障害がみられることがあるという研究結果もあり、遺伝的要素の大きさも示唆されています。

 

 

まずは自分が自分の性質を熟知する事、次に周囲に理解してもらう工夫・努力、薬の服用などで生活を工夫していくことが大切です。周囲に疑わしい方がいたり、自身のことで悩まれている方はぜひ、精神科または精神科併設のカウンセリングルームなどへ受診してみましょう。

 

障害による孤独から脱出し、理解者を一人でも得ることが克服の第一歩となります。

(Photo by://pixabay.com/)

著者: 真綾さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パーソナリティ障害に関する記事

もしかしたらあなたも…?3つのパーソナリティ障害のタイプを見てみよう

  パーソナリティ障害を持つ方は珍しい存在というわけではありません。 人とは...

パーソナリティ障害の治療には長い時間が必要!治療期間は10年以上に及ぶことも…

  パーソナリティ障害にはさまざまな種類がありますが、いずれも『考え方・行動の...


統合失調(分裂病)質パーソナリティ(人格)障害の特徴と治療

  ここでは『統合失調 “質” パーソナリティ障害』=スキゾイドパーソナリティ...

境界性・自己愛性パーソナリティ障害者のいる職場のトラブル解決のために

パーソナリティ障害の中でもクラスターB(劇的群)に分類されるパーソナリティ障害...

カラダノートひろば

パーソナリティ障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る