カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 子宮 >
  5. 子宮頸管ポリープ >
  6. 子宮を守ろう!子宮頸管ポリープの検査から治療までを紹介!

女性のカラダの悩み

子宮を守ろう!子宮頸管ポリープの検査から治療までを紹介!

子宮頸管ポリープとは、子宮と腟を結ぶところに粘膜が増殖してできるコブのことで、米粒大から大きくても親指大くらいになります。ほとんどが良性で、悪性のものはわずかです。わずかな出血量でも、生理予定日以外で出血がある場合は子宮頸管ポリープの可能性があります。

 

●症状

無痛であることがほとんどです。

ただし、子宮頸管ポリープは軟らかいため非常に出血しやすい状態にあります。生理のとき以外の不正出血として症状が見つかることがあります。

 

●検査や治療

膣の中を直接診察や診断をします。子宮がん検診などで見つかることが多く、無症状ですが見つかる確率が非常に高いです。

 ただし、妊娠がわかってから見つかった場合は、ポリープの処置が妊娠へ悪影響を及ぼすことが考えられますので、妊娠をする前に検査をし、見つかったら治療をしておくべきです。

 ポリープ自体が小さければ、痛みもなく簡単に切除することができます。

大きい場合は出血する恐れがあるため、手術室で行うことがあります。

 

●治療

原則的切除し、悪性かどうかを検査します。

妊娠初期の段階は切除が難しいため、安定期以降に母胎の状況を考慮し行います。

 頸管ポリープの場合、悪性化することはほとんどありません。

しかし、再発を繰り返す可能性が高いため、定期的な検診が必要となります。

その理由として、原因である炎症の改善が十分にされていない、切除したときに根っこが残っていることが原因です。

 

 妊娠を考えている人は特に、妊娠する前に確実に治療をしておきたい病気です。子宮がんなどの定期検診を毎年受けることが、子宮の状態を確認するチャンスでもありますので、受けるようにしましょう。

(Photo by: //www.ashinari.com/) 

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-10-24掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

子宮頸管ポリープに関する記事

超音波検診で見つけた子宮頸管ポリープ!どうしたらいい?

婦人科で超音波検査を受けた際に発見した子宮頸管ポリープ。 聞いたことのあるよう...

カラダノートひろば

子宮頸管ポリープの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る