カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 胆道・胆嚢・膵臓 >
  4. 結石 >
  5. 胆管が詰まる「閉塞性黄疸」、詰まりの原因とは

気になる病気・症状

胆管が詰まる「閉塞性黄疸」、詰まりの原因とは

 

いくつかのタイプがある「黄疸」ですが、その中でも胆管がなんらかの原因により詰まることで発症するものを「閉塞性黄疸」といいます。

 

肝臓で作られた胆汁は、胆管を通り胆嚢にためられ、再び胆管を経て十二指腸へと排出されて行きます。通り道が詰まってしまうと胆汁が逆流し、血液中に放出されてしまいます。胆汁に含まれる「ビリルビン」という黄色の色素の濃度が上がると体に害があります。

 

詰まりを解消して流れを通すことで改善をみますが、処置の方法は詰まりの原因によって異なります。まずはつまりの原因にはどのようなものがあるか見ていきましょう。

 

■結石

閉塞性黄疸の中で最も多いのが結石によるものです。一旦胆嚢にためられた胆汁が十二指腸へと排出される際に通る管を「総胆管」といいますが、ここにできる「総胆管結石」が一番多くみられます。

 

胆嚢にできた「胆のう結石」が落ちてきて詰まる場合もあります。結石ができる原因は、コレステロールが結晶化したんぱく質と結びついて塊となることです。急に詰まることが多く、横断や痛みも急激に出る場合が多いでしょう。

 

 

■胆管がん

胆管にできる悪性腫瘍で、黄疸や体のかゆみなどの症状は結石による黄疸と同じものです。腫瘍により胆管が詰まったり、胆管が圧迫されて通りが悪くなることで黄疸がおきます。

 

できた場所や状態によって治療方法は異なってきますが、一番有効な方法は切除することとされています。徐々に腫瘍が大きくなるため、症状の出方もゆっくりであることが多く、痛みを伴わないことがほとんどです。

 

早期の治療が重要ですが、初期だと見た目では黄疸とはわかりにくい場合もあるため、尿が褐色であったり便が白っぽいなどの症状があればすぐに病院に行くようにしましょう。

 

 

年だから白目がくもってきたかななどと思わずに、思い当たる症状があれば病院に行ってみましょう。 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

結石に関する記事

今日から取り組む!胆管結石の予防法とは?大切なのは"継続すること"

  胆管の中に、結石が出来てしまうことで、激しい腹痛などを感じてしまう胆管...

閉塞性黄疸の症状「黄疸」について

  閉塞性黄疸の主な症状である「黄疸」とは、皮膚が黄色くなる症状であること...


悪性腫瘍が原因である「閉塞性黄疸」の治療とは

  肝臓で作られた胆汁が通る胆管が、何らかの理由により詰まってしまい発症す...

悪性腫瘍(がん)が原因で閉塞性黄疸がおこることも!

  胆管が詰まり胆汁が流れなくなることでおきる閉塞性黄疸ですが、原因には胆...

カラダノートひろば

結石の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る