カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 全般 >
  4. 予防・対策 >
  5. アレルギー性鼻炎治療にプラス!症状緩和の方法

アレルギー

アレルギー性鼻炎治療にプラス!症状緩和の方法

 

アレルギー性鼻炎の改善には、薬物治療とレーザー治療どちらかの方法しかないのでしょうか?ふだんの生活で簡単にできる、薬もレーザーも使わない対策法をまとめました。

 

蒸しタオル

蒸しタオルを鼻全体を覆うようにあてるだけで、鼻の通りが良くなります。鼻腔内に入った水蒸気が粘膜を潤すと、ダメージを受けていた粘膜の自浄作用が回復するためです。鼻詰まり、くしゃみの症状を緩和できます。蒸しタオルの熱で温まり、鼻周辺の血行が良くなるのも鼻の通りが良くなる理由です。温熱療法の一種です。同じく、入浴によっても水蒸気と温熱の効果が得られます。

蒸しタオルは、湿らせたタオルを耐熱性ポリ袋に入れて電子レンジで加熱すれば作れます。火傷をしないよう、温度には留意してください。小さな子どもや高齢者は、窒息の危険があるので鼻の穴まで覆わないようにします。

 

鼻うがい

「鼻洗浄」とも呼ぶ方法です。鼻から洗浄剤や食塩水を入れて、鼻か口から出します。鼻腔内に侵入したアレルゲン、うみや鼻水を洗い流して症状を和らげます。

真水ではなく、100gの水に0.9gの食塩を加えた生理食塩水を使いましょう。鼻の中に水が残っている気がしても、鼻をかんではいけません。水が耳の方へ移動し、中耳炎の危険があります。

 

鼻掃除

ベビーオイルや馬油、乳液をつけた綿棒で鼻の粘膜を軽くなでるように掃除します。鼻腔内のアレルゲンを取り除き、新たなアレルゲンが付着しづらくなる効果があります。鼻の粘膜に直接触れるものなので、綿棒につけるものは無添加・無香料のものがお勧めです。

 

ご紹介した方法は、薬物治療をしている人にもお勧めです。より症状が楽になるでしょう。掃除やマスクでアレルゲンの吸入を避ける、食生活の見直しで免疫機能を整えることも有効です。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2007/06/18-002675.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防・対策に関する記事

アレルギー緩和作用がある2大茶

アレルギーの症状緩和にお茶を利用することも可能です。特にアレルギーに効果のある2...

アレルギー症状を起こす元を絶つ?漢方のアレルギー症状緩和効果と注意点

アレルギー症状の緩和に利用されるもののひとつが漢方で、東洋医学の薬です。漢方...


精神的なストレスも大きな要因?体質を変えてアレルギーの症状を改善!

    寒い冬が終わって、春になると気分も良くなりますよね。しかし、黄砂アレ...

ストレスは消化器系にも良くない?ストレス対策でアレルギー予防

  ■ストレスによる消化器系への影響がアレルギーの引き起す主な要因の一つで...

カラダノートひろば

予防・対策の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る