カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 全般 >
  4. 予防・対策 >
  5. アレルギー性鼻炎の薬物治療~抗ヒスタミン薬とステロイド薬とは?

アレルギー

アレルギー性鼻炎の薬物治療~抗ヒスタミン薬とステロイド薬とは?

 

アレルギー性鼻炎治療の中心は、薬物療法です。症状や服用する人の身体状況によって用いる薬が違います。アレルギー性鼻炎治療に使う薬の中から、抗ヒスタミン薬とステロイド薬について説明します。

 

抗ヒスタミン薬

アレルゲンに反応してアレルギー反応を起こす、ヒスタミン受容体の働きをブロックする薬です。くしゃみ、鼻水に有効で服用から数十分以内に効果が表れます。ただ、鼻詰まりの解消はできません。抗ヒスタミン薬は2つに分類できます。どちらも眠くなる副作用があるので、運転前にはお勧めできません。飲酒後に服用すると、より眠気が増すので要注意です。

 

◆第1世代抗ヒスタミン薬

脂溶性が高く、脳の中枢神経系に強く作用するため、副作用で強い眠気が生じます。ほかにも口の渇き、便秘が起こる場合があります。

緑内障、前立腺肥大の人は服用できません。てんかん、熱性けいれんの悪化の可能性もあるため、服用前に医師に相談しましょう。

 

◆第2世代抗ヒスタミン薬

新しく開発された抗ヒスタミン薬で、「抗アレルギー薬」に分類されます。眠気の副作用が小さいのが特徴です。服用から効果が表れるまでやや時間がかかるでしょう。ゼスラン(商品名)という薬のみ、緑内障と前立腺肥大の人は避けてください。

 

ステロイド薬

炎症とアレルギー反応を抑える働きをする薬です。症状が重く、ほかの薬では効果が期待できないときに使われます。作用が強いため、用法や用量を守って重症の期間に限って使いましょう。

 

◆鼻噴霧用ステロイド薬

くしゃみ、鼻水、鼻詰まりなどすべてのアレルギー性鼻炎の症状に有効です。鼻に直接噴霧し、効果が表れるのは数日以内。定期的に使用して効果を持続させます。1~2%の割合で鼻血、鼻の痛みといった副作用が出ます。

 

◆経口ステロイド薬

内服薬のため、効果が早く強く出ます。症状を早くしっかり抑えたい時には便利ですが、関節痛、腹痛、便秘、不眠といった種々な副作用があります。使用は短期間にとどめましょう。

 

どの薬にも一長一短があります。効果が強い薬ほど副作用が心配されます。子どもへの投薬は特に慎重に、くれぐれも大人の薬をそのまま使わないでください。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/07/23-025134.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防・対策に関する記事

特に梅雨の洗濯槽はカビの危険がいっぱい!どんなカビがいるの?対策って必要?

  湿気の多い場所を好むカビは、梅雨の時期に勢力を増します。そのため家の中でも...

喘息・アトピー・花粉・ハウスダスト…リコピンがアレルギーを予防する!改善する!

  アレルギーに悩む現代人は多いと言いますが、そのアレルギーを解消する可能性を...


抗体ができ免疫力UP!アレルギー予防ともなる細菌やウィルス

  ■人の身体には様々な寄生虫や細菌、ウィルスなどが存在します。 一時期...

過保護は子供を虚弱体質に?免疫力のある強い子供にするために

  ■人が免疫をつけるには、いったん細菌など有害な物と触れ合わなければいけ...

カラダノートひろば

予防・対策の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る