カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 胆道・胆嚢・膵臓 >
  4. 結石 >
  5. 閉塞性黄疸にともなう「かゆみ」の症状、原因と治療とは

気になる病気・症状

閉塞性黄疸にともなう「かゆみ」の症状、原因と治療とは

結石などにより胆管がつまっておこる閉塞性黄疸ですが、皮膚や眼球の白い部分が黄色くなる「黄疸」は他にもさまざまな症状をおこします。その中の一つとして、皮膚の「かゆみ」が挙げられます。

 

どうしてかゆみがでるのか、その原因と対策についてみていきましょう。

 

■かゆみの原因となる「胆汁酸」 

かゆみの原因は、主に胆汁に含まれる「胆汁酸」だと考えられています。胆管の詰まりにより、胆汁が逆流し血液の中へ流出し全身をめぐります。このとき胆汁酸が肌への刺激物質となり、かゆみを引き起こしていると考えられます。

 

■そもそも胆汁酸とは?

肝臓で作られる「胆汁」は、コレステロールと胆汁酸によって作られています。胆汁が肝臓から送り出され、いったん胆嚢に溜められます。

 

食事をとるとこの胆嚢が収縮し、胆汁を十二指腸へと送り出します。その後胆汁は摂取された脂肪やたんぱく質を乳化させ、消化しやすくする働きをします。このように胆汁酸は食物の消化活動に欠かせないものとなっています。

 

■かゆみ対策

不快なかゆみの症状は少しでも抑えたいところです。高温多湿な環境ではかゆみを生じやすいため、避けるようにしましょう。

 

衣服は、化学繊維のものより刺激の少ない綿100%のものを着るとよいでしょう。通気性のよさも重要です。かいてしまったときにお肌が傷つくとさらにかゆみがでやすいので、爪を短くきっておきましょう。

 

温めるとかゆみが増しますので、気になる時は冷やすとよいでしょう。ローションやハッカ水、重曹水などで保湿対策をしたり、爽快感を得る工夫をするのも効果があります。お肌に合わないと肌荒れのもととなりますので、天然に近い低刺激のものを選ぶようにしましょう。

 

かゆみが気になる場合は生活環境に注意し、薬などについては主治医に相談しましょう。 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: はやぶささん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

結石に関する記事

閉塞性黄疸の原因となる「結石」は何故できるか

  胆汁の通り道である胆管がつまり、胆汁が逆流することで症状がおきる閉塞性...

今日から取り組む!胆管結石の予防法とは?大切なのは"継続すること"

  胆管の中に、結石が出来てしまうことで、激しい腹痛などを感じてしまう胆管...


命を脅かす!総胆管結石症の治療法と予防法

  総胆管は胆汁を十二指腸に送る役割をもつ器官です。この部位にできた結石の...

皮膚や白目が黄色くなる・・・閉塞性黄疸の症状とは

  皮膚が黄色くなることで知られている黄疸ですが、この症状があらわれる原因...

カラダノートひろば

結石の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る