カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 胆道・胆嚢・膵臓 >
  4. 結石 >
  5. 閉塞性黄疸の症状「黄疸」について

気になる病気・症状

閉塞性黄疸の症状「黄疸」について

 

閉塞性黄疸の主な症状である「黄疸」とは、皮膚が黄色くなる症状であることはよく知られています。黄疸は肝臓やそれに付随する機能が悪くなっている時におこることがほとんどであり、いくつかのタイプがあります。

 

 

■閉塞性黄疸

 

胆汁を腸へと送り出す道である「胆管」が、何らかの原因により詰まってしまい、胆汁が逆流して血液に溢れ出してしまうというものです。詰まりの原因としては、胆管にできた結石、胆管より上部でできた結石が移動してきて詰まる、腫瘍に圧迫されるなどです。詰まりをとるための外科的な処置が必要になります。また、ウイルスや薬剤など内科的な要因で詰まるタイプのものも存在します。

 

 

■幹細胞性黄疸

 

ウイルス性肝炎や薬剤性肝炎などが原因で、肝細胞に障害がおきるため発症する黄疸です。急性肝炎でみられますが、慢性肝炎ではほとんどみられません。

 

 

■溶血性黄疸

 

何らかの原因で赤血球が破壊され、中身が血中に流出することでおきる黄疸です。血液型不適合妊娠で子供に発症することが多いようです。生後24時間以内という早い時期に黄疸が出るため、すぐに病気に気づきます。

 

 

■体質性黄疸

 

黄色のもとであるビリルビンを体外に排出する機能が生まれつき弱いという体質の場合があります。

 

 

 

黄疸ではありませんが、皮膚が黄色くなる症状としては、「柑皮症」というものがあります。ミカンなどの柑橘類を食べすぎると、手などが黄色くなるというものです。この色素は黄疸の色素とは異なり、体に害はないとされていますが、あまり食べ過ぎない方が安心でしょう。黄疸との違いは眼球の白い部分が黄色くならないというところです。

 

日本人の肌はもともと黄色っぽいということもあり、症状が軽いうちは目で見て黄疸が出ているとわからないこともあります。眼球を見るのが一番わかりやすいようです。病院で検査すれば原因がわかりますので、黄疸が出ていると思ったら医師に相談してみると良いでしょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2014/02/15-385895.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

結石に関する記事

今日から取り組む!胆管結石の予防法とは?大切なのは"継続すること"

  胆管の中に、結石が出来てしまうことで、激しい腹痛などを感じてしまう胆管...

詰まりを解消して流れを良くする~閉塞性黄疸の治療方法

  閉塞性黄疸の原因は、胆管の詰まりです。診断が確定したら、詰まりを解消す...


胆管結石が見つかった…どんな治療を行うの?治療後に再発はする?

  激しい腹痛や嘔吐などによって病院を受診し、検査の結果『胆管結石』だと診...

命を脅かす!総胆管結石症の治療法と予防法

  総胆管は胆汁を十二指腸に送る役割をもつ器官です。この部位にできた結石の...

カラダノートひろば

結石の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る