カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 妊娠線はなぜできる?乳房や太もも、おしりにも…正しく知りたい妊娠線のこと

妊娠・出産

妊娠線はなぜできる?乳房や太もも、おしりにも…正しく知りたい妊娠線のこと

妊娠した喜びとともにママたちが感じる不安。子育ての不安や今後の家計のこと等、挙げればきりがありませんが、なかでも産後の体系戻しはプレママたちの永遠のテーマではないでしょうか。

そんなテーマの中から、今回は妊娠線をピックアップしたいと思います。

 

妊娠線はなぜできるのか?

私たち人間の皮膚は表皮、真皮、皮下組織の三層で構成されています。妊娠すると、お腹が大きくなるにつれ、お腹やその周辺の皮膚は引っ張られて伸びていきます。

その際、一番表面にある表皮は伸びやすいため、お腹の成長にしたがって問題なく伸びていきます。

 

しかし、その下にある真皮や皮下組織は弾力性がないため、急激な皮膚の伸びに対応することができません。真皮や皮下組織が伸びる限界を超えて皮膚が引っ張られたとき、亀裂ができてしまい赤紫色の線が現れます。

これが妊娠線で、とくに痛み等はありません。

 

妊娠線ができるのはどこ?

妊娠線はお腹にできるのが有名ですが、お腹以外にも乳房や太もも、おしりにできることが多いです。

この部分の皮膚もお腹につられて皮膚が引っ張られたり、多少大きくなるためです。

 

妊娠線ができ始める時期

早い妊婦さんだと4か月ごろから、一般的にはつわりが終わり体重の増加が著しくなる6か月ごろからでき始めます。

 

普段チェックしにくい下腹部や太ももの内側に出来やすいので、鏡などを使って注意深く見ることが大切です。

特に下腹部はお腹が大きくなるにつれ、姿見でも見えなくなってしまいます。小さな鏡で見てみるとよいかもしれません。

 

一度できてしまうと消すことができない妊娠線。

産後、素敵にショートパンツや水着を着こなすためにも、正しい知識を妊娠初期から学んでおきたいですね。

 

 (Photo by:足成 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠後期(8ヵ月以降)に関する記事

眠れないほどの痒み…妊娠性痒疹(PUPPP) って何?お悩みの方へ

妊娠初期~中期にかけて、手足を中心に起こる炎症や痒みは「妊娠性痒疹」と呼ばれ...

早産のひとつのライン「34週」って?34週よりも前と後ではどんな違いがあるの?

   早産で生まれた赤ちゃんはリスクが多いです。  この早産(切迫早産)がド...

妊娠後期(8ヵ月以降)の体験談

里帰りしない帝王切開の出産準備★コープの夕食宅配など

「里帰りしない帝王切開の出産準備①」では予定帝王切開のスケジュールと、やりきれない家事などの洗い出し...

やっと産休〜

3月31日でやっと産休に入りました。 予定日は5月20日。 仕事は保育士だったため、朝は7時...

カラダノートひろば

妊娠後期(8ヵ月以降)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る