カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 陰部 >
  5. 萎縮性膣炎 >
  6. 結膜弛緩症の原因にもなる!目の老化と紫外線~光老化を防ごう!

女性のカラダの悩み

結膜弛緩症の原因にもなる!目の老化と紫外線~光老化を防ごう!

 

結膜弛緩症の原因には不明な部分がたくさんありますが、加齢が大きな要因であることが分かっています。目の老化によって起こる症状といえます。結膜弛緩症を予防するには目の老化を防ぐ、つまり目のアンチエイジングがポイントです。目のアンチエイジングの大敵が、紫外線です。結膜弛緩症の発症率に関わる目の老化と紫外線についてまとめました。

 

光老化

肌に紫外線があたるとダメージが肌に蓄積し、シミやシワの原因になることはご存じでしょう。まったく同じ現象が、結膜でも起こります。紫外線を浴びると細胞内で活性酸素が発生し、活性酸素はタンパク質を変化させます。これが目の老化の原因で、「光老化(フォトエイジング)」と呼びます。

常に日光のもとで仕事をしている人は、肌が焼けてシワができやすくなります。同じく目が日光にさらされ続ければ、老化が早まって結膜弛緩症のリスクも高まるでしょう。

 

光老化を防ぐ方法

光老化による結膜弛緩症を予防するには、目を日光(紫外線)に晒さないのが最善です。外出時にはサングラス、帽子、日傘などを活用してください。車の運転中も、サングラス着用をお勧めします。

室内にいても油断は禁物。特に朝日や夕日は、眼球に射し込みやすい角度です。窓際で過ごす時にはカーテンを引くと良いでしょう。カーテンを遮光カーテンにする、家や車の窓をUVカットのものにするのも有効です。

 

肌に良いものは目にも良い

肌のアンチエイジングには、ビタミンCの摂取が勧められます。これは発生した活性酸素を取り除くためにビタミンCが必要だからです。新鮮な野菜や果物を食べ、意識してビタミンCを摂取しましょう。

 

肌のアンチエイジングをするなら、目のアンチエイジングも忘れずに。光老化を防ぐ工夫を日常生活に取り入れてください。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2014/02/25-386308.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

萎縮性膣炎に関する記事

光老化の原因、紫外線について理解しよう!光老化を防止する日焼け止めはこれだ!

夏は紫外線が強くなる時期でもあり、それと同時に光老化に対する心配も増えてくる...

別名老人性膣炎!萎縮性膣炎の治療では対処両方も大事です!

  老人性膣炎と言われる疾患があります。老人性と言われてしまうと高齢の方にしか...


前身?局所?女性ホルモンを補充する選択肢

  閉経後の女性に多く見られる疾患に萎縮性膣炎という疾患があります。老人性膣炎...

清潔さが萎縮性膣炎の予防のカギ!寝たきりの場合は注意

  何らかの原因で女性ホルモンが減少すると萎縮性膣炎を生じることがあります。萎...

カラダノートひろば

萎縮性膣炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る