カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. 結膜弛緩症 >
  5. 中高年は要チェック!結膜弛緩症の症状とセルフチェック

気になる病気・症状

中高年は要チェック!結膜弛緩症の症状とセルフチェック

結膜弛緩症は珍しい病気ではなく、加齢によって多くの人に生じる老化現象のようなものです。30代以降から症状が出始め、60代ではほとんどの人に起こります。自分の眼球に結膜弛緩症の兆候があるかが分かる、結膜弛緩症の典型的な症状をまとめました。

 

結膜の緩み具合を調べる

結膜弛緩症は、白目の表面を覆う結膜がだぶついてシワが寄る症状です。顔の皮膚も年をとると緩み、手で押したり寄せたりするとシワがたくさんできます。結膜も、同じようにたるみができているか調べることができます。

 

鏡に向かって、下まぶたを押し下げてみましょう。いわゆる「あっかんべー」を思いっきりした状態です。指を下まぶたから離さず、目に押し付けるようにしながら少しずつ上に押し上げていきます(白目に直接指が触れないよう注意)。

 

白目の下部分と下まぶたの境に透明の膜がだぶついていませんか?食品を包装するラップフィルムのようなものが目の下側にたまっていれば、結膜が緩み始めている可能性があります。

 

結膜のゆるみとともに生じる諸症状

結膜弛緩症は結膜が緩むだけではなく、それによってさまざまな症状が表れます。結膜の緩み、たるみが上手く確認できない場合は、その他の症状があるか否かで判断します。

・ドライアイ

結膜弛緩症で、最も多い症状です。涙を分泌していないのではなく、緩んだ結膜が邪魔をして涙を眼球表面に留めておけないために起こります。涙目なのに、目が乾いているなら結膜弛緩症が原因かもしれません。

 

・異物感

結膜がだぶつくと、まばたきのたびに結膜とまぶたの内側が必要以上にこすられます。まばたきをスムーズにできない、ゴロゴロとした異物感を感じるのは結膜とまぶたの摩擦が原因と考えられます。

 

・結膜下出血

まばたきで結膜とまぶたの摩擦が強くなるのとともに、だぶついた結膜はまばたきのたびに大きく動かされます。その結果、網膜の毛細血管が引っ張られて切れ、出血することがあります。アレルギーなど目の不調が無いのに白目の出血を繰り返すなら、結膜弛緩症の疑いがあります。

 

結膜弛緩症は、年をとれば誰にでも起こり得るものだと考え、定期的に目のチェックをしましょう。

 

「気になる病気・症状」で人気の記事はこちら

●白目にできるゼリー状のできものは一体・・・?

 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

結膜弛緩症に関する記事

「ドライアイ外来」検査にはどんなものが?ドライアイと結膜弛緩症の関係

  結膜弛緩症とドライアイは、深く関わっています。結膜弛緩症はもちろん、ドライ...

結膜弛緩症の症状~結膜下出血とは?

  結膜弛緩症によって生じる症状の1つが、「結膜下出血」です。結膜下出血と...


結膜弛緩症の根本治療は手術~方法と費用は?

  症状が進行した結膜弛緩症の根本治癒を目指すなら、手術しかありません。手...

コンタクトレンズが結膜弛緩症の一因?!なぜ?

  眼球の白目の部分がだぶついてシワが寄る、「結膜弛緩症」の原因はハッキリ...

カラダノートひろば

結膜弛緩症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る