カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. 結膜弛緩症 >
  5. 結膜弛緩症の症状~結膜下出血とは?

気になる病気・症状

結膜弛緩症の症状~結膜下出血とは?

 

結膜弛緩症によって生じる症状の1つが、「結膜下出血」です。結膜下出血とはどういうものか、まとめました。

 

どんな症状か

結膜下出血は、結膜の血管が破れたり切れたりして出血している状態です。白目の部分に赤くシミのように出血が広がります。結膜下出血を起こしても出血のせいで視野が欠けたり、視力が低下したりすることはありません

出血が止まれば、白目の赤いシミは数週間で自然に消滅します。特別な治療は不要です。

間違いやすいのが、目の充血です。目の充血は毛細血管の拡張で、切れてはいません。単に毛細血管が目立っている状態です。結膜下出血では、毛細血管を確認できません

 

結膜弛緩症で結膜下出血が起こる理由

結膜がゆるんでシワが寄る結膜弛緩症では、まばたきによって結膜にかかる負荷が大きくなります。手や顔の皮膚も、ゆるんだ部分を引っ張ったり押したりすると、ぴんと張った皮膚よりも大きく動きます。大きく動かされた結膜は、毛細血管に強い力がかかって出血してしまいます。

 

注意したい病気

結膜下出血は、ケガ、結膜炎、動脈硬化、糖尿病、白血病、高血圧でも起こります。生活習慣病では目の異常が起こることもあるため、日ごろから血糖値や血圧が高い人は、結膜弛緩症以外の可能性も疑ってください。

結膜下出血の際に視界が欠ける、物が歪んで見える、視力が低下するといった症状があれば、脳梗塞や脳出血かもしれません。脳血管障害を発症したことがある人は、要注意です。

 

結膜下出血が起こったら

思い当たる持病や気になる症状が無く、出血部分が大きく広がらないようならあまり心配は要りません。何もしなくても自然に治りますただ結膜下出血を繰り返すようなら、結膜弛緩症も含めて目の状態を調べた方が良いでしょう。

 

結膜下出血にはほかの病気が隠れているかもしれません。気になる時は、できるだけ早く受診してください。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/07/05-037366.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

結膜弛緩症に関する記事

結膜弛緩症の治療に使われる目薬にはどんなものがある?

結膜弛緩症を目薬だけで治療することはできませんが、結膜弛緩症にともなう諸症状の...

涙は出るのにドライアイ!結膜弛緩症のせいかも?

  結膜弛緩症の代表的な症状が、ドライアイです。ドライアイが気になり「目の使い...


中高年は要チェック!結膜弛緩症の症状とセルフチェック

結膜弛緩症は珍しい病気ではなく、加齢によって多くの人に生じる老化現象のようなも...

結膜弛緩症の根本治療は手術~方法と費用は?

  症状が進行した結膜弛緩症の根本治癒を目指すなら、手術しかありません。手...

カラダノートひろば

結膜弛緩症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る