カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. 結膜弛緩症 >
  5. 結膜弛緩症の治療に使われる目薬にはどんなものがある?

気になる病気・症状

結膜弛緩症の治療に使われる目薬にはどんなものがある?

結膜弛緩症を目薬だけで治療することはできませんが、結膜弛緩症にともなう諸症状の緩和に目薬が有効です。治療に使われる目薬について説明します。

 

目薬で押さえられる症状

結膜弛緩症で緩んだ結膜はまばたきで動きやすく、動くたびに目がゴロゴロするような違和感をもったり、結膜内の毛細血管に負荷がかかって結膜下出血を起こしたりします。

 

結膜が乾燥するとまぶたとの摩擦が強くなり、これらの症状も悪化するので目の乾燥を目薬で防止します。結膜弛緩症の人は、涙がたまるべき下まぶたと眼球の境にたるんだ結膜があります。そのため涙をためられず、ドライアイを発症します。目に潤いを与える目薬は欠かせません。

 

結膜弛緩症の人は目に負担がかかり、出血や炎症を繰り返しがちです。炎症を抑える、結膜表面にできた傷を治す目薬も使われます。

 

結膜弛緩症治療に用いる目薬の種類

・人工涙液

ドライアイを改善するために使う、涙に近い成分の目薬です。目の表面を乾燥から守り、目の疲れや角膜炎を防ぎます。

 

「足りない涙を補う」ためのもので、塩化カリウムや塩化ナトリウムは配合されていますが、薬効はありません。処方箋は不要。ドラックストアなどで購入できます。

 

・ヒアルロン酸

目の表面にできた傷の回復を助けます。ドライアイ改善にも有効です。医師の処方箋が必要で、種類によって用法や用量が異なります。ほかの点眼薬と併用する際は5分以上間を空けるのが原則です。

 

大きな副作用はありませんが、皮膚が敏感な人はかぶれる恐れがあります。目の周りの皮膚についたら拭き取りましょう。

 

・抗炎症薬

目の炎症や痛み、痒みを抑える目薬です。購入には医師の処方箋が必要です。ドライアイやまぶたとの摩擦で傷ついた目の表面の修復を促します。

 

抗炎症薬には作用が穏やかな非ステロイド性のものと、効果が強いステロイド点眼薬があります。結膜弛緩症で処方されるのは、非ステロイド性の目薬がほとんどでしょう。まれに過敏症反応や目の刺激を生じるケースがあります。

 

目薬で1~2ヶ月様子を見ても症状が改善しなければ、手術も治療の選択肢になるでしょう。 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

結膜弛緩症に関する記事

「ドライアイ外来」検査にはどんなものが?ドライアイと結膜弛緩症の関係

  結膜弛緩症とドライアイは、深く関わっています。結膜弛緩症はもちろん、ドライ...

結膜弛緩症の症状~結膜下出血とは?

  結膜弛緩症によって生じる症状の1つが、「結膜下出血」です。結膜下出血と...


結膜弛緩症の根本治療は手術~方法と費用は?

  症状が進行した結膜弛緩症の根本治癒を目指すなら、手術しかありません。手...

コンタクトレンズが結膜弛緩症の一因?!なぜ?

  眼球の白目の部分がだぶついてシワが寄る、「結膜弛緩症」の原因はハッキリ...

カラダノートひろば

結膜弛緩症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る