カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. 結膜弛緩症 >
  5. 「ドライアイ外来」検査にはどんなものが?ドライアイと結膜弛緩症の関係

気になる病気・症状

「ドライアイ外来」検査にはどんなものが?ドライアイと結膜弛緩症の関係

 

結膜弛緩症とドライアイは、深く関わっています。結膜弛緩症はもちろん、ドライアイになると日常のさまざまな場面で不便や不快感を生じます。最近では、ドライアイやドライアイにまつわる諸症状を治療できる「ドライアイ外来」もあります。結膜弛緩症とドライアイ外来についてまとめました。

 

結膜弛緩症とドライアイの関係

下まぶたと眼球の境にたるんだ結膜がたまってしまう結膜弛緩症は、たるんだ結膜が邪魔をして涙を下まぶたにとどめておくことができません。健康な状態では、まばたきするたびに下まぶたの涙が眼球表面を潤し、目を乾燥やトラブルから守ります。まばたきをしても眼球表面に行き渡る涙がないため、結膜弛緩症の人は高確率でドライアイの症状が出ます。ドライアイを放置していると目の表面に傷ができたり、炎症がおきたりします。

もう1つ、ドライアイが結膜弛緩症発症の要因になっている側面もあります。ドライアイだと、まばたきをした時にまぶたの内側と眼球表面の摩擦が大きくなります。結膜にかかる負荷も強くなり、結膜弛緩症を発症しやすいでしょう。

結膜弛緩症が先か、ドライアイが先かはそれぞれですが、いずれにしろ深い関連があることは間違いありません。

 

ドライアイ外来とは

眼科の中でも、特にドライアイに焦点を当てた検査や治療を受けられる診療科目です。問診、視力や眼圧検査に加えてドライアイ検査も行います。ドライアイ検査は以下の方法があります。

 

・シルマー試験:下まぶたにろ紙を付け、涙で濡れる様子を調べます。

・涙液層破壊時間(BUT):点眼薬で涙に色を付け、眼球を覆っている涙の膜が保持される時間を計測します。

・生体染色検査:ドライアイでは角膜や結膜に障害が起こりやすいため、障害を起こした部分が染まって見える色素を点眼して様子を観察します。

 

これらの検査を受け、ドライアイの症状緩和とドライアイの原因になる疾患の治療に入ります。

 

ドライアイの検査から、結膜弛緩症が分かるケースもあります。ふだんからドライアイに悩まされている人は、1度ドライアイ外来を受診してはいかがでしょうか。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/07/01-364404.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

結膜弛緩症に関する記事

結膜弛緩症の治療に使われる目薬にはどんなものがある?

結膜弛緩症を目薬だけで治療することはできませんが、結膜弛緩症にともなう諸症状の...

コンタクトレンズが結膜弛緩症の一因?!なぜ?

  眼球の白目の部分がだぶついてシワが寄る、「結膜弛緩症」の原因はハッキリ...


涙は出るのにドライアイ!結膜弛緩症のせいかも?

  結膜弛緩症の代表的な症状が、ドライアイです。ドライアイが気になり「目の使い...

中高年は要チェック!結膜弛緩症の症状とセルフチェック

結膜弛緩症は珍しい病気ではなく、加齢によって多くの人に生じる老化現象のようなも...

カラダノートひろば

結膜弛緩症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る