カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. ノイローゼ >
  4. ノイローゼの一つ「対人恐怖症」とは?なりやすい人と症状について

メンタル

ノイローゼの一つ「対人恐怖症」とは?なりやすい人と症状について

 

対人恐怖症はノイローゼ(神経症)の一種で、症状が強いと日常生活に支障をきたす場合もあります。対人恐怖症の症状と原因を挙げます。

 

症状

精神症状としては、他人と接した時に極度の緊張や不安を感じます。それにともなって頭痛、手足の震え、顔が赤くなる、気が遠くなる、腹痛・便秘・下痢、胸部圧迫感といった身体症状が表れます。症状が重いと、パニック発作も起こります。さらに実際に人と接していなくても、その状況を想像しただけでこれらの症状が表れることがあります。対人恐怖症の人は、人と会うこと自体を避けるようになります。

 

対人恐怖症になりやすい人、原因

ほとんどの場合、思春期に症状が発現します。思春期は他人の目を意識しだす年代です。それが行き過ぎると対人恐怖症になります。もともとの性格が生真面目で内気、引っ込み思案である場合が多いようです。性格に加えて、みんなの前で失敗する、恥をかくといった出来事も対人恐怖症の原因になります。

世界の中でも、日本には対人恐怖症の人が多いといわれます。人目を気にする、皆に合わせて目立たないのをよしとする国民性も関係しているという説があります。

 

治療法

薬物療法と心理療法が治療の中心です。投薬によって脳内神経伝達物質の分泌を調整し、不安感や焦燥感、抑うつ状態を和らげます。心理療法では対人恐怖の原因を探り、カウンセリングによって改善していきます。人と接することに少しずつ慣らしていき、自信をつけるのも大切です。

対人恐怖症を治療せずに放置していると、重症化・慢性化しがちです。早い段階で受診しましょう。

 

対人恐怖症の人は家に閉じこもりがちになるため、発症から受診までに時間がかかる傾向にあります。家族など周囲の人の助けも必要でしょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/11/30-373435.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ノイローゼに関する記事

ノイローゼ治療に役立てよう!精神安定にもはたらく栄養素と食品

  ノイローゼは、心の不調から身体の不調を招く症状ともいえます。心と体は深...

漢方薬でノイローゼの治療をしよう!

  ノイローゼの心身症状を緩和するため、漢方薬を用いる場合もあります。滞っ...


ノイローゼ(神経症)と精神病は違う!症状の違いと含まれるもの

  ノイローゼに関して間違いやすいのが、「ノイローゼ(神経症)と精神病は違...

ノイローゼ治療はどの診療科?心療内科、精神科、神経内科の違いとは

  ノイローゼを発症した場合、どの診療科で治療を受ければよいでしょうか。精...

カラダノートひろば

ノイローゼの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る