カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. その他の障害・外傷 >
  5. 『横紋筋融解症』の診断基準と治療法について

気になる病気・症状

『横紋筋融解症』の診断基準と治療法について

『横紋筋融解症』とは?

横紋筋融解症とは、骨格筋が急激で大量に壊された際に壊死を起こし、細胞内成分が血中に流出するというもので、迅速な処置を行わなければ、重い全身障害を引き起こすという疾患です。

 

発症の原因には、物理的な障害、筋肉の虚血によるもの以外にも、薬剤の副作用によるものなど様々です。以下では症状の詳細についてみていきたいと思います。

 

『横紋筋融解症』の具体的な症状

横紋筋融解症が発生した場合、筋肉が障害を起こし以下のような症状が現れます。

 

◆初期には筋肉痛、脱力感

◆次第に疼痛・麻痺・筋力減退・赤褐色尿などが発現。

(※重症の場合は、多量のミオグロビンによって腎臓の尿細管細胞を傷害されて急性腎不全症状(乏尿、浮腫、呼吸困難、高カリウム血症、アシドーシス等)を伴う。また不整脈や心停止の可能性もある。)

 

『横紋筋融解症』発症の原因について

1)物理的筋障害

主に外傷による筋肉の損傷、異常な高体温・低体温、熱傷、長時間の過剰な筋収縮などが筋肉を傷害することで生じる。

 

2)筋の虚血傷害

手足の主冠動脈が血栓や塞栓、血管外傷により閉塞し、側副血行が不十分な場合(数時間~10時間で発症する。)

 

3)その他の原因

◇細菌・ウイルスによる感染症

◇低リン酸血症、低カリウム血症などの体液異常

◇急性中毒(覚せい剤、アルコール依存)

◇常用量の医薬品服用による副作用(スタチン系・MAO阻害薬・ニューキノロン系)

◇遺伝性の神経・筋疾患

 

『横紋筋融解症』の診断基準とは?

笠岡第一病院(岡山県)内科の原田和博氏によると、横紋筋融解症の診断基準としては、下記の3項目が重要だとしています。

 

◆CK基準値上昇の10倍以上

◆ミオグロビン尿を認める

◆(検査していない場合)尿潜血陽性や褐色尿、血清クレアチニン値の上昇があれば同義とみなす

⇒筋肉症状や腎障害は参考基準にとどめることを提案している。

 

さらにミオパシー(筋原性疾患:筋力が低下する病気)においても上記のようなCK値の上昇(例:2,000~ 3,000 IU/L)と筋肉痛が生じることから、横紋筋融解症の診断との区別が重要だとされていますが、その違いとしては、

 

◇筋肉痛が持続して徐々に増悪するか

◇尿の色

◇他の薬剤を服用していないか

 

が判断基準になるとしています。

 

『横紋筋融解症』の治療法について

横紋筋融解症が疑われた場合には、まず可能性のある原因医薬品の投与が中止されます。

基本的な治療方針としては以下の4点があります。

 

1)輸液

基本は大量の生理食塩水輸液を行い、1時間尿量を100 mL 以上に保つなど腎保護を図る。

2)電解質補正

高カリウム血症の場合は、グルコース・インスリンの点滴静注を行う。

3)尿アルカリ化

尿のpHが低ければ(PH6.5以下)、尿のアルカリ化が行われる。

4)血液浄化

血液浄化はミオグロビンの除去には効果的でないとされており、腎不全や電解質異常の治療として行われる。

 

横紋筋融解症の診断基準のCK値に関しては、他の病院の医師によると通常の2倍以上に上昇した際に投薬の中止を行うとされている方もいます。尿の色が一番の診断材料となったとされている場合もあり、医師によって診断基準が異なるようですので、不安な場合はセカンドオピニオンを受けることも重要です。

(photoby://pixabay.com/

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他の障害・外傷に関する記事

スキーやスノボーを楽しむためにはケガをしないこと! スノースポーツを行う際の心構え

スキーやスノボーは楽しいスポーツです。しかし、楽しいだけではありません。スキ...

最悪の場合、壊死が起こるコンパートメント症候群…症状とその治療法は?_

  上肢つまり腕や手と、下肢つまり太ももやふくらはぎ、足に生じる疾病にコンパー...


ゲレンデでケガをさせちゃった!相手の怪我、道具の破損 自分の怪我…こういう時は?

ウインタースポーツは、老若男女問わず人気のスポーツです。スキーやスノーボードなど...

スキーでのケガを防ぐ簡単ストレッチ!スキーやスノボーで痛めやすい○○をストレッチしよう

  スキーでのケガを防ぐにはどうしたらよいのでしょうか? それは、スキー場で...

カラダノートひろば

その他の障害・外傷の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る