カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 妊娠後期の体重管理!体重が増えすぎて困っていませんか?

妊娠・出産

妊娠後期の体重管理!体重が増えすぎて困っていませんか?

体重増加を適正におさえていたのに、後期で激増した!という方は多いのではないでしょうか?つわりが終わりご飯がどんどん美味しくなり、ついつい食べ過ぎてしまうことも...。そこで今回は、妊娠後期の体重管理について解説します!

 

妊娠して体重が増える理由

妊娠して体重が増える理由はいたって自然なこと。妊娠中は、皮下脂肪をためやすい身体になっているので、自然と体重は増加しやすい状態となっています。

 

体重増加の要因が、妊娠時にはたくさんあります。まず妊娠期間40週の間に、胎児の体重は約3000gにまで成長します。

 

そのうえ、胎盤や羊水の重量、大きくなる子宮や乳房の重量、血液の増加や出産と授乳に備えるために増加する皮下脂肪…。しかし赤ちゃんの健康を維持するためにも、大切なことであるといえます。

 

理想的な体重増加とは?

まずは自分のBMIを算出

妊娠前の妊婦さんの体型が太っているのか痩せているのかで、妊娠中の理想的な体重増加は変化します。

 

まずは、自分のタイプをBMI(Body Mass Index)で調べてみましょう。BMIは世界的に信頼された体格指数のひとつで、様々な場面で使われています。 

 

もっとも病気が少ない数値を22として、18未満をやせぎみ、25以上を太めとしています。まずは、下記の数式でご自分の数値を出してみましょう。

 

妊娠前の体重(Kg)÷(身長(m))²

 

上記の式で算出された、ご自身BMI18未満の場合は10~12Kg、BMI25以上の場合は5kgを目安に。その中間の場合は7~10Kgが適正な体重増加といわれています。

 

この増加分は、妊娠40週、つまり出産直前の最終的な体重増加の目安となります。参考にしてみてくださいね。

 

目安は「プラス12kg」が理想

妊娠前が普通体重であれば12kgまで増加可です。しかし、妊娠前からかなり肥満気味なら、あまり増やさない方が望ましいでしょう。

 

何よりも自分の体形や体質、体調と合わせて考えることが大切。不安や悩みがあれば、保健所や産婦人科で体重や栄養管理の講習・相談会があれば、適正な体重について相談してみましょう。

 

体重が増加しすぎた場合のリスク

あまりにも体重が増えてしまった場合は、病気になる可能性があるため要注意。

 

1.妊娠高血圧症候群

妊婦の体重が増えすぎると「妊娠高血圧症候群」のリスクが高まります。高血圧・たんぱく尿・むくみなどの症状が出た場合は要注意。

 

妊娠高血圧症候群を放置すると、胎盤の機能が低下してしまい、結果として赤ちゃんに十分な栄養や酸素が届かなくなります。これにより、早産や未熟児の原因にもなり、母子ともに命の危険にさらされる可能性があります。

 

2.妊娠糖尿病

「妊娠糖尿病」は妊婦がかかる糖尿病。妊婦の血液中の糖分が高まることで、胎児にも栄養が過度に送り込まれてしまいます。

 

胎児は皮下脂肪が増え、おなかの中にいるときから太り気味になってしまいます。太り気味の胎児は内臓の機能が未熟で、虚弱体質になりがちです。

 

また、体重が4,000グラムを超えてくると帝王切開を行わなければならない可能性が高まりママの身体にも大きな負担となります。

 

3.出産時の困難

妊婦の体重が増えすぎてしまうと、産道にまで余分な脂肪がついてしまい、このことで赤ちゃんがなかなか下りづらくなってしまいます。

 

さらに、子宮の収縮も弱くなり、出産に要する時間が通常よりも長くなってしまい、母体にさらに負担をかけてしまいます。

 

以上のように、ママは体重が増えすぎると自分自身だけではなく、おなかの赤ちゃんにも大きな影響を与えるので、日々の体重管理はとても大切です。

 

ダイエットのしすぎはNG

一般的には「太っていると難産になりやすい」とされ、体重増加が少ない方がお産も軽くなるといわれます。しかし、妊娠前がかなりスリムな体型なのに妊娠後の体重増加も抑えてしまうと、生まれてくる赤ちゃんが低体重になりやすいともいわれます。

 

また痩せすぎも、妊娠中の貧血や切迫早産、低体重児での出産等のリスクが高まるため、妊婦さんにとっては危険な要因となります。赤ちゃんのために自然と増える体重を見守ることも重要です。 

 

また、和食中心で暴飲暴食してないのに増える体重についてはその方に必要な体重増加のため、気にしなくて問題ありませんよ。

 

体重の管理はまずは食事から

妊婦さんはなかなか運動だけで体重を管理するのは難しいもの。そのため、まずは食事でコントロールすることが大切です。

 

炭水化物には気をつけて

まずは炭水化物の摂りすぎに注意です。既に上の子がいたりすると、残ったご飯をママが食べてしまいがちですが、そこはこれから生まれてくる子のためにぐっと我慢しましょう。

 

フルーツの摂りすぎ

フルーツの糖分というのは、とても吸収されやすい性質を持っているそうで、産院でも1日1個を目安とするようにと指導されることが多いようです。

 

フルーツというと栄養価もあり妊娠中にはうってつけのおやつのように感じますが、取り過ぎによる糖分の過剰摂取に繋がらないよう気をつけたいですね。

 

塩分の摂りすぎ

濃い味で食欲をそそるものは魅力的ですが、妊娠中はできるだけ薄味を心がけるようにしましょう。塩分の取り過ぎは、むくみや高血圧やつながり、妊娠中の方にとっては危険な状態になる可能性もあります。

  

体調と相談して運動もとり入れよう!

その日の体調、そしてお医者さんから適度な運動の許可が下りれば、ウォーキングやマタニティヨガなど、妊婦向けのスポーツに取り組むのもオススメ。

 

ウォーキングなら、脂肪が燃え始める20分のウォーキングを週3回程度。またマタニティヨガであれば、妊婦さん向けのレッスンを行っているスクールや自宅でできる妊婦ヨガのDVDも販売していますよ!気分もすっきりするのでオススメです。

 

我慢しすぎはNG。長い目で見て体重調整をしましょう

短期的な体重の増減に左右されるのではなく、長い目でみて体重を調整していきましょう。あまり食べたいものを我慢してしまうと体にストレスになるので要注意。

 

食べ過ぎてしまったら、適度な運動や、次の日の食事のバランスなど気をつければ問題ありません。妊娠中は我慢することが多く、食べ物を我慢するのはつらいですが無理せず頑張ってくださいね。

(Photo by://www.photo-ac.com/ )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-02-22掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠後期(8ヵ月以降)に関する記事

妊娠中のむくみの原因って?4つのむくみ解消法でむくみケア!

妊娠後期になると足がむくみやすくなりますね。むくみは妊娠後期の多くのママ達が悩...

アサリ、海藻類、お茶…妊娠中のむくみ予防におススメなむくみ撃退食材

妊娠中の困ったむくみを少しでも楽しく解消するにはどうしたらいいのでしょうか? ...

妊娠後期(8ヵ月以降)の体験談

準備は順調!

初マタなのでなにを準備すればいいのか 悩んでますが… 着々と進んでます! ギリギリまで仕事をす...

切迫早産!!!早めに準備しておけばよかった。

一週間前の話ですが28wになり3D写真を撮りにいきました。 でも、もう3回目。。。 1回目は仰け...

カラダノートひろば

妊娠後期(8ヵ月以降)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る