カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 性病(STD) >
  5. 腟トリコモナス症 >
  6. トリコモナス症:セックスでのかゆみや出血に注意

女性のカラダの悩み

トリコモナス症:セックスでのかゆみや出血に注意

 膣のかゆみやセックスでの不快感、出血などは、もしかしたらトリコモナス症かもしれません。 

 

原虫が原因のトリコモナス症 

トリコモナス症は、トリコモナス原虫という微生物が原因です。女性の5〜10%が感染していると言われており、セックスを介して感染が広がります。症状が出るのは通常女性だけで、膣炎や子宮頸管炎、尿道炎などが起き、悪臭がする泡立ったおりものが出ることなどが特徴です。 

 

治療しないと重症に 

通常の膣は乳酸菌によって酸性に保たれているので、トリコモナスが増えにくくなっています。ですが、生理中や妊娠中などにはややアルカリ性になり、感染しやすくなるといわれています。多くの性感染症と同様に、トリコモナス症は自覚症状がないケースもあり、治療しないとどんどん増殖して、生殖器の炎症が悪化するなど重症化することもあるため、注意が必要です。 

 

治療は内服薬を 

治療では、膣剤(膣内に入れる薬)と軟膏が一般的ですが、膣以外の周辺臓器でも増えている場合には、完全にトリコモナス原虫を駆逐することが難しいので、十分な効果がえられないこともあります。そのため、ちょっと強い薬ですが内服薬による全身での治療が効果的です。 

 

治療は必ずパートナーと一緒に 

トリコモナスは、結果的に男性が媒介する病気です。そのため、女性だけが治療しても、セックスによってまた再発する可能性があるのです。こうしたピンポン感染を防ぐためにも、トリコモナス症と診断されたら、症状がなくてもパートナーと一緒に治療することが大切です。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/03/04-358669.php?category=265)

著者: rosyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腟トリコモナス症に関する記事

男女で症状が大きく違う?膣トリコモナス症の症状

  膣トリコモナスは性感染症の一つですが、感染経路は性交渉のみではなく、共有する...

正しい知識を身に付けよう!虫が原因の性感染症がある!?

地球上には様々な生物が生きています。目に見えるもの、目に見えないもの、種類は様...


便座やお風呂の椅子から感染することも!?膣トリコモナス症の発症原因と診断方法

膣トリコモナス症は便座やお風呂の椅子から感染し、発症することがあると言われてい...

検査キットで自宅検査が出来る?膣トリコモナス症の検査について

  膣トリコモナス症の症状は、男性だけでなく女性も自覚症状に乏しいこともあり、「...

カラダノートひろば

腟トリコモナス症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る