カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 子宮筋腫の治療方法と食事療法とは?

女性のカラダの悩み

子宮筋腫の治療方法と食事療法とは?

 

セックス時の出血は、さまざまな原因が考えられますが、その一つに「子宮筋腫」があります。

 

子宮筋腫とは

子宮筋腫は主に子宮の壁にできる良性の腫瘍で、成人女性の約20%に発症します。子宮の壁は3層でできており、腫瘍ができた部位によって、

 

・粘膜下筋腫

・筋層内筋腫

・漿膜(しょうまく)下筋腫

 

に分けられます。また、子宮頸部にできたものは、頸部筋腫といいます。

 

子宮筋腫はホルモン依存性

子宮筋腫は、卵巣でつくられるいわゆる女性ホルモンとよばれるエストロゲンに依存した良性の疾患です。そのため閉経後には筋腫そのものが小さくなることがあり、発症時期によっては、外科的な処置が不要と判断されるケースもよくあります。

 

心配な合併症

子宮筋腫そのものは良性で心配ないのですが、約20%の確率で子宮内膜症を合併することがあります。こうした合併症を起こすと、月経困難症につながるケースもあり、注意が必要です。

 

多くのケースが無症候性

子宮筋腫の多くは気づかないままの無症候性で、妊娠や性器出血等で見つかることが多いようです。

 

粘膜下筋腫の場合には、性器出血が増えて貧血になることもあり、筋腫が巨大化して子宮頸管から膣へ出てくる筋腫分娩とよばれる状態になることもあります。筋腫が大きくなると、まわりの臓器を圧迫し、便秘や腰痛、排尿障害が起こることもあり、妊娠した場合には、治療後であっても帝王切開での分娩となるケースがあります。

 

症状がわかりにくく、気づいたときには筋腫が大きくなっていることが多い子宮筋腫。不妊症や月経困難などにもつながるので、性器出血などには注意しましょう。

 

子宮筋腫ができると危険!?

中年女性に多いとされる子宮筋腫ですが、どんな危険があるのでしょうか?

症状やリスクについて具体的にまとめました。

 

子宮筋腫の症状は危険?

 子宮筋腫にはどのような症状があるのかは気になるところでしょう。実際に発症押した人の多くは症状が発生しない無自覚状態になることが多々あるようです。

もちろん、症状が出る人もいて、その中には変なしこりを下腹部に訴えたりすることもあるようです。

 

では危険性はあるのかは、健康自体に害はないといえます。

しかし、筋腫が成長して大きくなると痛みや月経時の出血につながることがあるとのことです。

 

子宮筋腫で辛い症状

 症状は個人差がありますが、気になるのは日常生活でのマイナートラブルですよね。

 

生命におけるリスクがあるかといえば大半はありません。

なぜそう言えるかと言えば、子宮筋腫のほとんどは良性と言われていて、筋腫としての膨らみで症状が発生するのですがそれが何か身体に病気を引き起こすほどのものではないということが言えるためです。

 

もちろん悪性化するものもありますし、日常生活に影響がある場合もありますが、普段の生活においては、以下のようなマイナートラブルがあげられます。 

 

・腹痛や腰痛で日常生活を送れないほどになる

・おりものが増えてしまう

・経血が多くなる傾向があり貧血気味になる

 

という症状も一部の人にはあるようです。

 

不妊との関連もあると言われているため、妊娠を考える女性にとっては不安や悩みは尽きないかもしれません。

 

治療は薬や手術など様々ですが、医師にアドバイスをもらって判断するようにしましょう。

 

子宮筋腫の目安の大きさは?

子宮筋腫ができたことが健康診断で見つかることがよくあります。自分でかk腹部の違和感に気付いてと言う方もいるかもしれません。

 

子宮筋腫はどのくらいの大きさになると危険なのか?そんな疑問となる大きさの目安をご紹介していきましょう。

 

子宮筋腫の大きさは何センチだと危険?

 子宮筋腫ができてしまった場合によく「あなたは~センチの子宮筋腫がある」と言われることがあります。この大きさは人によってかなり幅があるようで、2~3センチのがたくさんあるという方や7センチ以上の筋腫がすでにできてしまっている場合などもあります。

 

ではどのくらいの大きさなら危険なのかと言えば、特にそのような基準はありません。

 

基準がないというのはメタボリックや血圧などのように数値化してこれが危険という基準が厚生労働省やWHOによって定められていないと言うだけです。

 

しかし、医師の間では7センチ以上周辺くらいから大きいということになり、10何センチもある場合も含めて全摘出が必要だということをアドバイスされるようです。

 

7センチ以上がどうして目安に?

 特に7センチが大きいという基準があるわけではありませんが、子宮の大きさや子宮の中にできる赤ちゃんの頭の大きさぐらいになってくると大きいものだと判断されるようです。

 

この大きさがそう判断されるわけとしては、子宮内部から大きくなりすぎた子宮筋腫が子宮の外部にまで圧迫してしまうということが基準となっているようです。

 

実際に大きいことが問題なのではなく、

 

・大きくなることによって他の内臓器官を圧迫して身体の異常を引き起こす

・放置することによって悪性化する可能性がわずかにでもある

 

ということを考えてこのくらいの大きさなら取ってしまうのが安心と言うことのようです。

 

子宮筋腫の悪化を予防するためにできることとは?

子宮筋腫とは子宮の筋肉に発生する良性の腫瘍です。成長速度に個人差があるものの、月経を繰り返すことによって徐々に大きく成長していきます。

 

◆子宮筋腫の原因は?

子宮筋腫の原因は今だ解明されていないものの、以下のようなものが子宮筋腫発症のリスクを増加すると考えられています。

 

●初潮年齢低下や出産回数の減少などで、エストロゲンヘの暴露量が増える。

●プラスチック、殺虫剤、除草剤、食肉に使われるホルモン剤、ホルモン療法などによるキセノエストロゲン(科学的に合成されたエストロゲン)への暴露。

●エストロゲン代謝能力が低く、過剰エストロゲンを体内から除去することができない。

●高血圧

●子宮内膜症

●無排卵月経

●遺伝的要因

 

◆子宮筋腫は妊娠に影響する?

 子宮筋腫は不妊の2-10%の原因をしめていると言われています。子宮筋腫によって引き起こされていると考えられる妊娠や不妊に関する症状には以下のようなものがあります。

 

●受精卵の着床を阻害する

●腫瘍が卵管を押しつぶして精子や卵子の通行を妨げ、妊娠を阻害する

●無排卵月経をひき起こす

●子宮内の異常血流を起こし、精子が卵子にたどり着くのを阻害する

●流産

●子宮内胎児発育不全

●早期破水

●胎盤停滞

●産後出血

●異常分娩

 

すべての子宮筋腫をもつ女性がこれらの症状を経験するわけではありません。ですが、子宮筋腫はこれらのリスクを増加させるといわれているため、できるだけ筋腫を増加、成長させないような治療が必要になります。

 

◆子宮筋腫抑制のために自分でできること 

子宮筋腫はキセノエストロゲンなどの内分泌攪乱物質(環境ホルモン)への暴露が原因の一部であるといわれています。ですので、このような物質を含むものの摂取や使用をできるだけ避けることが、子宮筋腫抑制に効果的であると考えられます。環境ホルモンを回避する方法には以下のようなものがあります。

 

●有機栽培された食物を選ぶ

●殺虫剤や除草剤、合成肥料への暴露を避ける

●基礎化粧品をナチュラルなものに変える

●加工食品を避ける(保存料や着色料)

●リサイクルされた無漂白の紙を使う

●洗濯物には非塩素系の酸素系漂白剤を使用する

●プラスチックの利用を避ける

 

子宮筋腫を発症する原因ははっきりわかっていませんが、生活習慣がその一端を担っている可能性は高いです。できるだけ環境ホルモンを避け、ホルモンバランスを崩すような食生活やライフスタイルを改善することで子宮筋腫を予防できるかもしれません。

 

子宮筋腫の治療方法と食事療法とは?

子宮筋腫の主な症状は、月経痛や月経量の増加などです。痛みの程度には個人差があり、さほど痛みを感じない人もいるようです。また、腫瘍は経血量を増加させることから貧血になることが多いです。その場合は鉄のサプリメントなどで鉄分を補って貧血を防止しましょう。

 

◆子宮筋腫の治療方法

子宮筋腫の治療方法は主に薬物療法と手術療法があります。より効果的なのは手術療法でしょう。

 

●手術療法

手術療法には子宮を全摘する方法と筋腫のみを摘出する方法があります。筋腫のみを摘出する方法は妊娠を希望する場合などに選択されますが、手術の際の出血量が多く、すべての腫瘍を取りきることが出来なかった場合は再燃してしまう可能性があります。

 

●薬物療法

薬を使った治療方法には、ホルモン剤を使用した「偽閉経療法」や「偽妊娠療法」があります。ですが、服薬を中止するとすぐに腫瘍が大きくなってしまうことから、閉経までの一時的な治療としてや、手術前に腫瘍を小さくして取りやすくするためにホルモン剤を使った治療がおこなわれます。他にも低用量ピルをつかって経血量を減らしたり、生理痛を和らげる方法もおこなわれています。低用量ピルの副作用としては、体が慣れるまでの間の吐き気やだるさ、頭痛などが見られる場合があるようです。

 

◆子宮筋腫の食事療法

身体の基本は食事にあります。なるべく農薬や殺虫剤、ホルモン剤などの環境ホルモンにさらされていない食品を選ぶことが大切ですが、その他にも子宮筋腫の人は食物繊維を多く摂取することが特に推奨されます。食物繊維は余分なエストロゲンを対外に排出する手助けをしてくれます。緑黄色野菜や種子類、そして可能な限り全粒穀物を多く摂取するようにしましょう。また、身体に必要な栄養素の吸収を阻害する反栄養素の摂取をできるだけ避けましょう。具体的には、砂糖、アルコール、カフェイン、ジャンクフードなどです。

 

子宮筋腫の治療方法は手術や薬だけではなく、それと同時に食生活や生活習慣を見直すことで腫瘍の再発や再燃、悪化を予防する手助けになります。食生活を改善し、身体が本来もっている回復力を高めることで、より治療効果が期待できるでしょう。

 

(Photo by:http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

病気・症状(女性特有)に関する記事

あなたの腰痛、もしかしたら骨盤のズレが原因かも?PMSと体のゆがみの関係!カルシウム豊富レシピも!

    エクササイズやダイエットをいくらやってもなかなか思うように痩せないとい...


キット、保健所、病院…性病(STD)検査はどこで調べる?

  性病(STD)の検査の方法は血液検査やおりもの検査で、検査方法に違いは...

排卵痛の原因!受診が必要な排卵痛とは? 卵巣出血・子宮付属器炎の症状と治療

生理ではないのに下腹部に痛みがある場合、もしかしたら「排卵痛」かもしれません...

カラダノートひろば

病気・症状(女性特有)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る