カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 不安・恐怖 >
  4. 高齢の親ができる、ひきこもりの子供のための備え

メンタル

高齢の親ができる、ひきこもりの子供のための備え

 

最近は、全体的にひきこもりが長引く傾向にあります。就職や職場の失敗がきっかけでひきこもりになる人が多いのですから、社会的に雇用環境が改善されてきたとは言いにくい今、治るきっかけも得られにくいと言えます。高齢を迎えた親が、ひきこもりの子供のためにどんな準備が必要か、内閣府の指導を下にまとめてみました。

 

 

▼資産などお金の整理

 

最優先は「お子さんの一生の住まいが確保できるか?」です。そのためには資産の洗い出しや今後の親の収入や支出の予測と見直しが必要です。

 

◎資産を計算する

資産の総額(現金+預貯金+不動産)-負債の総額(住宅・その他ローン、奨学金など)=活用できる資産(純資産)

 

◎収入、支出の予測

年間収入を計算し、年間支出を概算でいいので出しましょう。トータルで赤字か、黒字か計算する必要があります。黒字であれば残っていく額を貯金する、赤字であれば緊急で家計の見直しが必要です。

 

この二つを見て、お子さんの一生の住まいが確保できるか検討しましょう。親の介護が必要な時にお子さんは対応してくれないと想定し、24時間介護を受けるとなると、公的介護保険の給付額を超えてしまうのが普通です。(上乗せで月2~30万かかる)

 

それだけの蓄えがないようなら、「特定施設入所者生活介護」の指定を持っている高齢者施設に入ることを考えるとよいです。要介護度5であっても月々の上乗せが数万円で済みます。こういった施設に入る・・・つまり子供と別居する想定をしましょう。

 

今後、家の維持費にお金がかかりそうなら、維持費の少ない「お子さんが一人だけの住み替え」を想定するのも大切です。

 

※介護施設については「介護サービス情報公表支援センター」サイトで検索が便利です。最寄りの市役所や介護包括支援センターで相談もできます。

 

 

▼お子さんの収入について

 

今、在宅ワークなどで収入があったとしても全くないと仮定し、お子さん自身の国民年金をもらえるように整備しておきましょう。支払いが滞っていたり、支払える余裕がない場合は免除制度もありますし、免除されれば、老齢年金や障害認定があれば、障害年金を受給できるケースもありますので、国民年金相談窓口に相談して、働きかけてみましょう。

 

 

▼お子さんの住まいについて

 

◎別居する

親が老齢施設に入り、今の家を処分して子供の資金に回し、子供は一人暮らしをさせる。

 

◎賃貸付住居に建て替える

親が住まなくなったスペースを賃貸に出せるように準備し、子供のためのワンルームを準備しておく。

 

◎マンションに住み替える

今住んでいる家の財産価値をいかし処分し、子供の資金に回し、中古マンションなど低価格のマンションに住み替える。

 

◎賃貸物件に住む

賃貸物件に住み続ける場合は、家賃がお子さん名義の口座から引き落とされるよう準備が必要です。更新手続きも何年かごとに必要な場合もあります。不動産会社にどういう手続きがいるか確認し、お子さんと共有しておきましょう。

 

◎リバースモーゲージについて勉強し、親子で準備しておく

家に住んだまま、家を担保にして、死ぬまで資金を借りれる仕組みです。民間銀行と社会福祉協議会の制度がありますが、社会福祉協議会の制度は審査が厳しいです。

 

 

▼相続・お子さんのサポートについて

 

お子さんが自分では相続の手続きなどできるか不安な場合は『任意後見制度』を利用する準備をしましょう。

 

◎『任意後見制度』の内容

任意後見人が財産管理をします。

・お子さんの代わりの契約締結・支払手続き等

(本人の身の回りの世話は含まれません。必要なら後見人が介護サービスを依頼するとよいでしょう)

 

◎『任意後見制度』の利用

弁護士を通して不備のない書類をそろえるのに10万円前後、公正証書の作成に2~3万円かかります。

 

 

▼お子さんの今後の為に

 

・お子さん名義の口座を準備し、公共料金、家賃、ローンなど引き落としの準備が必要です。

・ネットで買い物するために、本人名義のクレジットカードを準備する。

・銀行や役所など、最低限必要な施設に、何度か一緒にいっておきましょう。

・ATMの使い方を教えたり、経験してもらっておきましょう。

・食事は毎回外食だと高くつきますので、無洗米の炊き方だけでもできるようにし、食材はネットスーパーなどで調達してもらう準備をしましょう。

・年金は請求しないともらえないこと、親が亡くなった後、国民保険や介護保険は免税措置をうけられることなど、今後必要になりそうな手続きを全て同じノートに記入したり、必要書類はわかりやすくまとめ、それについても同じノートに記載しましょう。エンディングノートというものが書店で買えますので、そこにまとめておくのもよいでしょう。

 

 

以上を参考にして、安心して老後を迎えるヒントにしていただけると幸いです。

 

(Photo by://pixabay.com/ja/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89-%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9-%E7%A9%BA-%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%8F%96%E3%82%8C%E3%81%9F-%E5%86%85%E5%81%B4%E3%81%AE%E7%A9%8F%E3%82%84%E3%81%8B%E3%81%AA-268118/)

著者: 真綾さん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

不安・恐怖に関する記事

男の子の親離れ不適応は、父親がカギ

最近は40代でひきこもって、母に全ての世話をしてもらっているという男性の話を聞...

心と胃腸にも影響が! 腹鳴恐怖とは?

  大事な会議中や神妙な場面でお腹が鳴ってしまうと恥ずかしいですよね。 一時...


過度のストレスと不安が原因! スピーチ恐怖とは?

  自己紹介や会社でのプレゼンテーション、結婚式の挨拶などスピーチをする場面が...

見えると緊張? 見えないと緊張? 電話恐怖・視線恐怖とは

  目の前に相手がいるがために恐怖を感じてしまう「視線恐怖」、逆に相手が見えな...

カラダノートひろば

不安・恐怖の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る