カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中期(5~7ヵ月) >
  4. 妊娠中にやってはいけないスポーツとは?妊娠中の運動について

妊娠・出産

妊娠中にやってはいけないスポーツとは?妊娠中の運動について

妊娠前、スポーツを日常的に行っていた妊婦さんの中には、妊娠したからといってマタニティ用のエクササイズを改めて始めるという気になれないという方も多いはずです。そこで気になるのは、妊婦にとってどんなスポーツが良くないとされているかということですね。

 

妊婦に適さない運動とは?

・激しい無酸素運動

短距離を全速力で走るようなスポーツや、スキューバダイビングなどのマリンスポーツで十分な酸素を供給されない様なものは妊娠期に適しません。

 

・急に止まったり、飛び上がったりする瞬発運動

バレーボールやバスケットボールなど、瞬発的な動きが要求されるスポーツは妊娠期に適さないとされています。

 

・人やモノと衝突する可能性がある運動

球技全般がそうですが、万が一お腹に衝突するようなことがあると、胎児も母体も危険にさらしてしまうことになります。

 

プロ選手が妊娠中も続けているのは良いの?

ゴルフはお腹の前でクラブを振り、また腰回りを回転させるため妊娠期には適さないとする意見が多いようですが、女子プロゴルファーが妊娠期もゴルフコースを回っている映像などがテレビに出てきたりしますよね。

 

それを見るととても安全そうで問題ないのでは、と思いがちですが、彼女たちはプロとして鍛錬を積んできた方々です。おそらく医師と入念に相談したうえで、またある程度の自己責任を負ったうえでプレイしているのだと思われます。

 

一般の方の中にも、鍛錬を積んでそのスポーツに絶対の自信を抱えている方がいるでしょう。ただ、そのような場合も必ず医師へ相談して、そのスポーツに潜む危険性を十分に理解することが重要です。

 

必ず医師への相談を

マタニティスポーツであっても、事前に医師に相談して妊娠の経過に問題がないことを証明することが必要です。自分で続けてきたスポーツを継続して行いたい場合には、必ず医師への相談を行いましょう。

 

(Photo by:http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠中期(5~7ヵ月)に関する記事

妊娠中期の腰痛はホルモンが関係?辛い腰の痛みの軽減方法を紹介【専門家監修】

妊娠すると体重の増加により、身体のいたるところに負担がかかってきます。そんな...

妊娠中期のさまざまなマイナートラブル!原因と対策は?

妊娠初期のつわりが終わり、ご飯もおいしく食べられるとほっと一安心。 しかし...

妊娠中期(5~7ヵ月)の体験談

順調にお腹の赤ちゃんが成長!3Dエコーで確認

胎動も日に日にはっきりしてきて、日々赤ちゃんの成長を感じます。 3Dエコーのおかげでだいぶ赤ちゃん...

浮腫みがすごい>< 解消法は。。。??

私は妊娠6ヶ月くらいからつわりも殆どなくなり、だんだん食欲が旺盛になってきました。 病院でも体重管...

カラダノートひろば

妊娠中期(5~7ヵ月)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る