カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. てんかん >
  5. 子供の代表的病気、てんかん てんかん検査ってどんな感じ?

育児・子供の病気

子供の代表的病気、てんかん てんかん検査ってどんな感じ?

てんかんは3歳以下の発病が最も多く、子供の代表的な病気の一つといえます。このてんかんには、どのような原因・検査があるのか、ここでしっかり見ていきましょう。

 

 

てんかんの発症メカニズム

てんかんは慢性の脳疾患の一つで、規則正しいリズムで調和を保ちながら電気的に活動している大脳の神経細胞において、この活動が突然崩れてしまい、激しい電気的な乱れが生ずることで発生してしまうのがてんかん発作です。

 

てんかんの原因

てんかんの症状が発生する原因は様々ですが大きく分類すると症候性てんかんと特発性てんかんに分かれます。

症候性てんかんは脳に何らかのキズや障害があるために、発症するてんかんを指します。例えば、脳炎、脳出血、脳への外傷、脳梗塞、また、生まれたときに仮死状態・低酸素を経験した場合に症候性てんかんを発症します。

 

特発性てんかんはその他原因不明のてんかん一般を指し、様々な検査をしても以上が見つからないため、このような名称で呼ばれています。

 

てんかん検査

てんかんかどうかを診断する上では、第一に脳波検査を行うことが重要です。てんかんは脳の神経細胞の電気信号の異常が原因ですから、この異常な電気信号について脳波検査を通じて調べます。脳波検査を行うことで、てんかんか否かの診断だけではなくてんかんの発作の型の判定にも役立ちます。

 

脳波検査以外にも、血液・尿検査そして、CT/MRI検査を行うことも必要です。血液や尿の検査を行うことで、てんかんの原因の一部は発見することができます。CT/MRI検査を行うことで、てんかんの原因である脳腫瘍や脳外傷を確認することができます。

 

てんかんは完全にその原因が判明していませんが、さまざまな検査を行うことである程度の原因は明らかにすることができるのです。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2014/02/01-385379.php?category=3)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

てんかんに関する記事

実は子どもに多い病気「小児てんかん」 小児てんかんって治る?

  もし医師に「あなたのお子さんはてんかんです」といわれたら、大体の親はびっく...

てんかんの子どもが一人で出かけるときの注意

  てんかんの子どもと上手に暮らす、外出するためのコツを紹介します。 ●...

病気と症状の体験談

あかちゃんの皮膚トラブル対処法!

生後0~1か月の頃は脂漏性湿疹で皮膚ケアをがんばる日々でしたが、やっと完治。しかし、今度は生後二ヶ月...

脂漏性湿疹や汗疹、湿疹。あかちゃんの皮膚トラブル

あかちゃんのお肌はとても繊細。新生児期は脂漏性湿疹に悩まされましたが、3ヶ月ごろは首や足の付け根の深...

カラダノートひろば

てんかんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る