カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. 子供の風邪に漢方!~風邪の「後期」に効く漢方薬まとめ~

育児

子供の風邪に漢方!~風邪の「後期」に効く漢方薬まとめ~

 

 

「風邪」と一口にいっても、いろんな症状があります。

そして、風邪の症状は段階を追って進行します。

 

《初期》 透明な鼻水、軽い咳、手足の冷え など

 ↓

《中期》 薄黄色の鼻水、ひどい咳、発熱、頭痛、嘔吐 など

 ↓

《後期》 解熱後の諸症状

 

後期のころには、風邪で消耗した体力の回復が最優先。

胃腸をいたわりつつ、まだまだ続く諸症状の改善を目指しましょう。

 

 

◆ 諸症状と漢方薬 ◆

子供の風邪で意外と厄介なのが、風邪の後期症状。熱が下がったのにダラダラと続く諸症状に、手を焼くお母さんも多いようです。

症状の種類や状態によって、漢方薬を使い分けましょう。

 

● 葛根湯加川きゅう辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)

 濃い黄色の鼻水、ひどい鼻づまりに。胃腸が丈夫なときのみ。

 

● 辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)

 濃い黄色の鼻水、ひどい鼻づまり、蓄膿が疑われるときに。

 胃腸にも優しい処方。

 

● 葛根湯(かっこんとう)

 軽い咳や鼻水が続くときに。

 

● 麻杏甘石湯(まきょうかんぜきとう)

 痰が絡むような強い咳に。

 

● 小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

 水っぽい痰や鼻水、喘息のような激しい咳に。

 

● 柴朴湯(さいぼくとう)

 夜、寝ているときだけ咳が出ることが続くときに。

 

● 小柴胡湯(しょうさいことう)

 食欲不振や不機嫌・泣きぐずりが続くときに。

 

 

症状が似ていても、子供によって効く薬・効かない薬が違ってきます。

一日3回で3日ほど飲ませて、症状の改善が見られないようであれば、別の薬を試してみてください。

症状がひどくなるようであれば、迷わず病院で受診しましょう。

 

 

(Photo by http://www.ashinari.com/2012/08/08-366748.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

うつる病気に関する記事

おたふくかぜの腫れは冷やして解決!適切な冷やし方・食事と水分補給の際の注意点

おたふくかぜのあごの下の腫れは、人によってとても痛みが激しいこともあります。...

自己判断は禁物!とびひの治療と注意点をチェックしよう!

とびひは皮膚にできた傷に細菌が感染し、水泡ができる病気です。 破れて化膿すると...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

うつる病気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る