カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 薬物療法 >
  5. メタボの薬物療法!ビグアナイド薬でメタボ対策を!

生活習慣病

メタボの薬物療法!ビグアナイド薬でメタボ対策を!

メタボリックシンドロームの治療には様々なものがありますが、どれも内臓脂肪値を下げることが基本ですが、日本では内臓脂肪を直接減らす薬物は認可されておりません。

しかし、メタボから生ずる糖尿病に対する薬としてビグアナイド薬があります。

 

ビグアナイド薬とは

グアニジンという成分が血糖値を下げる作用のあるといわれており、ビグアナイド薬にはメトホルミンと呼ばれるグアジニン誘導体を含んでいます。

日本で販売されている薬には、メトグルコ・グリコランがあります。

そして、後発薬としてメトリオン、メデット、ネルビス、そしてメトホルミン塩酸塩錠などがあります。これらの投与量は一日あたり750mgまでとされましたが、治験を通じてメトグルコが2250mgまで使用ができることになりました。

 

ビグアナイド薬にあるメトホルミンがどのように作用するかについては、最近になってわかってきました。メトホルミンがAMPキナーゼを活性化することで、細胞内脂肪がエネルギー源として燃焼されることを促進します。

さらに、脂肪肝をわずらっている患者の場合は、インスリン抵抗性が改善し血糖値も改善します。さらに、メトホルミンは肝臓における乳酸からの糖産生量を減らしてくれることもわかっています。

 

ビグアナイド薬の適応外の患者

ビグアナイド薬は安全性が高い薬ですが、以下の患者には使用すべきではないとされています。

 

・80歳以上の高齢者

・大量飲酒者

・妊婦・妊娠の可能性のある人

・1型糖尿病患者

・アスリート

・腎不全患者

・手術前の患者や感染症を患っている患者

 

メタボの原因である内臓脂肪値そのものを治療する薬は日本では認可されていませんが、メタボから併発する糖尿病の薬物治療にはビグアナイド薬以外にも様々なものがあります。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/04/24-378080.php?category=169)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬物療法に関する記事

中性脂肪を低下させる薬とその薬の副作用とは?メタボや肥満の薬物療法

  現代では中性脂肪を低下させる薬が出ています。しかし、一定のBMI以上で...

脂肪燃焼をサポートしてくれる貴重な漢方薬「田七人参」 これに含まれるサポニンの効果って?

  飲むだけで脂肪がなくなるといった薬は、残念ながらありません。しかし食事や運...

カラダノートひろば

薬物療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る