カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠初期(2~4ヵ月) >
  4. 妊娠中のお薬どうすればいいの?赤ちゃんへの影響は?

妊娠・出産

妊娠中のお薬どうすればいいの?赤ちゃんへの影響は?

妊娠中の薬の服用は赤ちゃんにどのように影響してしまうのか、妊婦さんならだれしも不安に思うことでしょう。しかし、妊娠すると抵抗力も弱り、いつも以上に薬を必要とするような状況に迫られます。不安にかられる前に、妊娠中の薬の服用について正しい知識を得ておきましょう。

 

市販薬は安全なの?

妊娠初期には、まだ妊娠に気づいていない段階で市販薬を服用してしまったという妊婦さんも少なくありません。しかし、市販薬はそういったケースも考慮して作られています。

 

1~2度服用した程度なら特に心配はないとされています。その後の産科での検診で問題がないことが分かれば、その後気に病む必要もないでしょう。しかし、妊娠が分かってからの薬の服用については、必ず医師への相談をするようにしましょう。風邪等で受診する際も必ず妊婦であることを伝えましょう。

 

 

薬の服用に関する不安要素

どんな妊婦さんも薬に対する漠然とした不安はもっているものの、一体薬の服用が胎児にどのような影響を与えるのかという、実際のところはあまり知られておりません。

 

胎児が影響を受けやすいと考えられているものとして、胎児の発育に対して奇形を引き起こす物質を含んだ薬を服用した場合に、麻痺や奇形などが起こりうることが懸念されます。妊娠周期が進むにつれてこういった外からの影響は受けずらくなりますが、いずれにしても自己判断での服用は厳禁です。

 

 

妊婦さんの薬の服用

妊娠中の薬の服用は、自己判断で服用せず、必ず医師か薬剤師への相談をすることが大切です。それでも不安が消えない場合には医師や薬剤師に具体的に説明してもらいましょう。

 

妊娠中に病気にならないのが一番安心なのですが、妊娠期間は長いですから、薬が必要になった時の為にも事前に確認して置きたいですね。産まれてくる赤ちゃんの健康のために、いつも以上に安全な薬の服用を心がけていきましょう。

 

(Photo by:http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠初期(2~4ヵ月)に関する記事

ゴルフ好き妊婦さんは注意!妊娠中のゴルフは危険!?

最近、人気モデルやタレントもプレイしていることで、にわかに女子の間でもブレイ...

妊娠初期~妊娠後期にかけてのおっぱいの変化

妊娠すると、どんどん大きくなるお腹に注意が向いてしまいがちですが、赤ちゃんに母...

妊娠初期(2~4ヵ月)の体験談

遅めの初診

生理日から計算しても8週入ったばかりなのに、あかちゃんが大きすぎて、9wの扱いになりました。 20...

エコーで脳に丸い影!?脈絡膜嚢胞とは

妊娠が分かった方は妊婦健診が始まるかと思いますが、初めの頃は4週間隔で健診に行きエコーで我が子の成長...

カラダノートひろば

妊娠初期(2~4ヵ月)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る