カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 仕事 >
  5. 妊娠中のつわりの症状と対策!電車内でのつわりと後期つわり対策も!

妊娠・出産

妊娠中のつわりの症状と対策!電車内でのつわりと後期つわり対策も!

つわりは、妊娠初期に発生する嘔吐や吐き気のことをいいます。今回は医学的な治療の前に、自分で気をつけておくべきことや注意点をご紹介します。

 

さらに妊娠後期になって、「つわりが終わったはずなのに…」と再び吐き気や胃のむかつきが起こることがありますので、妊娠後期のつわりの原因・対処法についてもまとめました!

 

妊娠中のつわりで見られる症状

一般的なイメージのつわりと言えば、嘔吐や吐き気といった症状ですが、その他にも以下の症状が見られます。

 

・匂いに対して敏感になってしまう

・頭痛・眠気・全身の倦怠感

・食べ物の好き嫌いが変化する

・食欲が変化する

 

自分で出来るつわり対策をしよう

つわりは人によって症状はさまざまですが、どの症状もしんどいものです。できる限りの対策をして、つわりを軽減しましょう。

 

対策1.水分の摂取が重要

水分不足は吐き気を助長するといいます。また、水分不足は体の血をドロドロにしますので、健康そのものにも悪影響を与えかねません。水分はこまめに摂取するようにしましょう。

 

対策2.強い空腹感をあたえない

食事もつわり対策として非常に重要です。なぜなら、空腹になればなるほど吐き気が強くなるからです。

 

英語でつわりは「朝の病気(morning sickness)」と言い、これは朝の空腹時につわりの症状がもっとも重くなるところからこのような名称がついています。そのため、常に何かをお腹に入れておくことで、つわりの症状を緩和できるのです。しかし、食べ過ぎると、それも気持ちが悪くなる原因になりますので、注意しましょう。

 

強い空腹感を与えない以外にも、食事を摂るのが大事な理由としては低血糖の防止があります。そのため、枕元にクッキーとペットボトルの水を置いておいて、いつでも小腹が減ったときに食べられるようにしておくことが非常に重要です。

 

対策3.ショウガを摂取しよう

ショウガが含まれた食品として、ジンジャーエールやジンジャークッキーなどがあります。これらを飲んだり食べたりすると、つわりの際の吐き気軽減に効果が。このことは医学界でも報告されていますので、試してみると良いでしょう。

電車内でのつわり対策

妊娠初期のつわりは、におい・振動・音などさまざまな刺激に敏感になり、吐き気や頭痛・腹痛などを感じる日々が続きます。そのため、電車内は「狭い・臭い・うるさい」の三重苦なのです。

そこで、少しでもつわりの苦しみをやわらげるためのアイテムをご紹介します。

 

1.食べつわり対策

食べると気持ちが悪くなる食べづわりですが、何も食べないのも意外とつらいもの。キャンディー等を口に入れている方が楽になる人も多く、通勤中の妊婦さんの必需品です。

 

・キャンディー

・カットフルーツ

・ミント系ガム

・柑橘系ジュース 

・炭酸飲料 

・干し梅

・ラムネ 

・ミネラルウォーター

 

上記が、つわり中の妊婦さんが携帯していたケースが多いアイテムです。是非参考にしてみてください。

 

2.乗車時は居場所に注意

満員電車は周りの人も苦しい思いをしており、座っている人は寝ていたり、また気持ちに余裕のない人が多い中で、妊婦だからと優遇される環境ではないかもしれません。期待はせず、譲ってもらったらラッキーと思っておきましょう。

  

電車内での妊婦さん向けの場所は以下です。

 

・優先席前(ただし嫌な顔をされる事も…) 

・ドアの前 

・停車駅の出口に近い場所 

・連結部に近い場所 

・手すりがある場所 

・窓の外がよく見える場所

 

周囲の圧迫からお腹の赤ちゃんを守り、つわりの苦しみから少しでも逃れるためにも、少しでも空間を確保したいものですね。

 

3.時差出勤の相談をする

会社によると思いますが、つわりの時期だけでも、欠勤や時差出勤を認めてもらうよう上司に相談してみましょう。ラッシュを避け、各駅停車の電車で座って通勤し、具合が悪いときは途中下車して休憩をはさみながら無理なく移動してくださいね。

妊娠後期のつわりは胎児が成長している証拠

初期のつわりからやっと解放されて、妊娠生活を満喫していると、後期にやってくるのが胃痛・胸焼け・吐き気・げっぷ・・・「後期つわり」や「第二つわり」と呼ばれる症状です。

 

妊娠後期のつわりの原因・症状

妊娠後期になると、大きくなってきた赤ちゃんと子宮に押されて、胃がどんどん上に圧迫されます。胃が圧迫され続けることで胃酸が逆流し、吐き気・胸焼け・胃痛・げっぷを引き起こすのです。胃酸が逆流して上がってくることで、粘膜がチリチリ焼けるように痛い、と訴える妊婦さんも。

 

後期つわりの対策5つ

妊娠後期につわりになってしまった場合は、どのように対処すればよいのでしょうか。

 

1.食事は小分けにして食べる

一度に胃に食べ物が入ると、胃のむかつきがひどくなってしまいます。1日3食ではなく1日6食に小分けにして食べましょう。(もちろん、1回量は少なめ)

 

2.消化の良いものを摂る・刺激物をさける

揚げ物や油っこいもの、濃い味付けのものは胸焼けがひどくなるので避けましょう。

 

3.食後30分は横にならない

つらいからといって食後にすぐ横になると、胃から胃酸が逆流してしまい、胃のむかつきが強くなります。食後30分は、椅子に座って体を起こしておきましょう。

 

4.炭酸飲料は避ける

妊娠初期つわりの時には、つわりを軽くしてくれた炭酸飲料も後期つわりには逆効果です。後期つわりでは、牛乳が症状を軽くしてくれるようです。

 

5.寝る時は上半身を高くする

低い枕で寝てしまうと、睡眠中に胃酸が逆流しやすくなってしまう状態に。クッションや余った枕などを使い、上半身を高くするようにして眠ると症状が軽くなります。

 

こんな症状があったら要注意!

胃のむかつきや胃痛がひどい場合は、「逆流性食道炎」を起こしていることもあります。逆流性食道炎とは、胃から逆流した胃酸が食道(食べ物の通り道)に炎症を起こしている状態です。

 

症状がひどく、睡眠に支障があったり、強いストレスを感じていたりする場合は、お薬をもらうことも出来ますので、主治医に相談しましょう。

 

つわりはしんどい…けれど乗り切れば赤ちゃんに会える!

つわりを乗り切り、やっと楽になったと思ったらまた後期つわり…。妊娠中は本当に大変なことの連続です。

けれど、可愛い赤ちゃんに会った瞬間にそんなことはすっかり忘れてしまいます!

妊娠後期であれば、赤ちゃんに会えるまであと少し。食事や生活に気を付けながら、がんばりましょう。

 

Photo by:https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-08-23掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

仕事に関する記事

妊娠していても働きたい、働かなければ…仕事を続けるための制度活用法!

赤ちゃんを望み、妊娠がわかると、仕事を持つ女性にとっては働きながらつわりをどう乗...

マタハラの問題は職場環境にある!?職場に設置されるべき、助け合いのフォロー体制とは

マタハラが起こってしまう原因はどこにあるのでしょうか?また、原因があるのだとした...

妊娠中の生活の体験談

妊娠中の仕事事情。

1人目妊娠中は、販売員をしていたためほぼ立ち仕事。 しかし吐き悪阻がひどくて裏方にわましてくれまし...

2人目妊娠中の事情。

現在2人目妊娠中。 旦那は稼ぐために県外へ出稼ぎ!! いやいや、なかなか強行突破だったかな。。 ...

カラダノートひろば

仕事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る