カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. COPD >
  4. 生活習慣 >
  5. COPD予防・治療のための禁煙のポイント!

生活習慣病

COPD予防・治療のための禁煙のポイント!

COPDは慢性閉塞性肺疾患の英語表記の頭文字をとったものですが、日本では別名「タバコ病」といわれているぐらい、タバコが原因である場合がほとんどです。

そのため、COPDの予防・治療のためには、禁煙が最も効果的です。

 

COPD予防・治療のための禁煙のポイント

COPD対策としての禁煙はCOPDを予防するだけではなく、すでに発症した患者にとっては、その症状の進行を遅らせ、重症化を防ぐことができるといわれれています。

そして、禁煙することが重要で、本数を減らすだけでは効果はありません。

 

ニコチン置き換え療法

もしあなたがヘビースモーカーもしくは長い期間タバコを吸い続けていた場合ニコチン依存症の可能性もあります。

そのため、急激に体内からニコチンがなくなってしまうと不愉快なニコチン離脱症状があらわれてしまいます。この症状はニコチンを補給することでなくなりますが、タバコの代わりに、ニコチンガム・ニコチンパッチなどが実際に使われ大きな成果を上げています。

これらに含まれるニコチン量は喫煙により摂取するニコチンと比べるとはるかに微量ですが、ニコチン離脱症状を抑えるぐらいの十分な量はあります。

 

ニコチン離脱症状はおおよそ2-3ヶ月続いた後、徐々に症状が軽くなります。時に離脱症状が強くなるのが禁煙後2週間で、ここをいかに乗り切るかが大きなポイントとなります。

 

行動置き換え療法

タバコを吸うという行動がほとんど常習化してしまうと、ニコチン依存というよりは、日々の生活習慣に組み込まれて、「しないとストレスがたまる」行動の一つになってしまいます。

このようなときは、他の行動に喫煙行為を置き換えることが重要です。そして、他の行動には以下のようなものがあります。

 

・冷たい水を飲む

・ガムやキャンディーを口に含む

・深呼吸をする

・手にクルミを握って気を紛らわせる

 

 

禁煙はCOPD予防・治療の第一歩です。誘惑は強いですが、がんばって禁煙しましょう!

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/05/21-378517.php?category=169)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活習慣に関する記事

COPDになったら気をつけたいポイント!QOL(生活の質)を向上させよう

  COPDになってしまったら肺が元に戻る事はありません!   日常生...

風邪対策もCOPD対策になる!生活習慣を改善してCOPDの進行を防ぐ

COPDは慢性閉塞性肺疾患の略ですが、これは生活習慣病の一つと考えられていま...


栄養指導や薬物治療、運動療法など…COPDを治療するの際の生活習慣

COPDは日本語にすると、慢性閉塞性肺疾患と言います。COPDは肺の生活習慣...

COPDの呼吸器リハビリテーション!腹式呼吸訓練をしよう!

     COPD患者さんは息切れによる呼吸困難状態になります。 呼吸不全...

カラダノートひろば

生活習慣の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る