カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. COPD >
  4. 生活習慣 >
  5. 風邪対策もCOPD対策になる!生活習慣を改善してCOPDの進行を防ぐ

生活習慣病

風邪対策もCOPD対策になる!生活習慣を改善してCOPDの進行を防ぐ

COPDは慢性閉塞性肺疾患の略ですが、これは生活習慣病の一つと考えられています。なぜなら、COPDは「タバコ病」と呼ばれるぐらい、その原因の9割がタバコによるからです。そのため、COPDと診断された場合、具体的に日々の生活習慣において、どのような点に気をつけなければいけないのでしょうか。

 

身の回りの環境を改善しましょう

COPDは気管支や肺胞に異常をきたす病気ですから、気道部分を刺激することは症状の悪化を招きます。自分自身のいる環境がホコリっぽかったり、掃除をしていない状況ではありませんか?

できるだけホコリやチリを避けることで気道への刺激を減らすことができます。オフィスワークの多い方でも自分の机がホコリまみれである場合は、しっかりと掃除をしましょう。

また、営業など外出が多い人は、できるだけマスクをするなどして、ホコリやチリなど空気中に浮遊している物質から、喉や気道を守ることが大変重要となります。

 

また、気温も非常に重要なファクターです。あまり暑すぎたり寒すぎたりすると気道に負担をかけることがわかっています。そのため、できるだけそのような場所にいるときにはマスクをすることで、極端な温度から気道を守ることがポイントとなります。

 

風邪対策をしっかりしましょう!

風邪対策がなぜ重要かというと、風邪を引いてしまうと、呼吸器の病気が重症化してしまうリスクが高まるからです。

そのため、手洗い・うがいにはじまる風邪対策はもちろんのこと、インフルエンザの予防接種も可能な限り受けて、風邪をできるだけひかないようにすることが肝心です。

 

身の回りの環境や風邪対策を行うことも、COPD対策としては大変有効です。このような生活習慣の改善を行い、COPDの進行を防いでいきましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/05/01-378270.php?category=169)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活習慣に関する記事

COPD(慢性閉塞性肺疾患)を楽にするための生活習慣と動作~入浴・トイレ

COPD(慢性閉塞性肺疾患)を発症すると、今までは何でもなかった動作でも息切れ...

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の大敵、感染症を遠ざける生活習慣

  急激にCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の症状が悪くなる「増悪(ぞうあく)」...


COPDの呼吸器リハビリテーション!腹式呼吸訓練をしよう!

     COPD患者さんは息切れによる呼吸困難状態になります。 呼吸不全...

「タバコ病」とも呼ばれるCOPD!原因の多くは喫煙にあり

  COPDは、気管支や肺の広い範囲にわたり炎症がおこり、治らないまま放置...

カラダノートひろば

生活習慣の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る