カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. COPD >
  4. 基礎知識 >
  5. 日本に500万人以上の患者が?!COPDってどのような病気なの?

生活習慣病

日本に500万人以上の患者が?!COPDってどのような病気なの?

COPDとは慢性閉塞性肺疾患のことで、タバコの煙や排気ガスなどに含まれる有害物質を長期に吸い込んでしまうことで生じた肺の炎症性疾患です。

以下では、このCOPDがどのような病気であるのか、そしてCOPDの特徴は何かを具体的に見ていきましょう。

 

COPDについて

COPDによって異常が生ずるのは空気の通り道となっている気管支や酸素の交換を行う肺胞です。このように肺機能が低下していくと、栄養障害、心血管疾患、骨粗鬆症、抑うつといった症状も併発する場合があります。

COPDの代表的な症状として息切れがあります。特に階段の上り下り、体を動かした場合に息切れをしてしまいます。他に、咳や痰が慢性化してしまう、風邪や運動の際にぜいぜいするのも典型的なCOPDの症状です。

 

COPDの危険性

COPD患者の多くは重症化する可能性が高く、早期の段階でしっかりと発見し、診断、治療することができていないのが現状です。類似の症状を有する病気に喘息があり、喘息によって死亡する人数は啓発活動いや適切な薬物治療などを通じて年々減少傾向にあります。しかし、COPDによる死亡者数は増加傾向にあり、2007年時点での両者の死者を比較するとCOPDの死者数は喘息の死者数の約6倍に達しています。

 

日本におけるCOPD患者

日本ではCOPDによる死亡は全体の死亡原因の中で第10位であり、大学の研究結果によれば日本には推定で500万人以上のCOPD患者がいるとされています。男女別で言えば男性が圧倒的に多く、男性の死亡原因の第8位に位置しています。

 

世界におけるCOPD患者

世界保健機関の統計によるとCOPDは世界の死亡原因の第6位であり、このCOPD患者数が世界的にも増加傾向にあり、2020年には第3位になってしまうと予測しています。

 

COPDは世界的には増加する死亡原因の一つで、日本でも男性に多い死亡原因に位置づけられているのです。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2014/02/01-385379.php?category=3)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

基礎知識に関する記事

COPD(肺気腫・慢性気管支炎)の治療方法

    COPD(肺気腫・慢性気管支炎)の治療としては、症状を軽減させつつ、健...

肺の生活習慣病?!COPD(慢性閉塞性肺疾患)の診断基準とは

   COPDは日本語では慢性閉塞性肺疾患と呼ばれ、近年問題となってきてい...


COPDは遺伝するの? COPDの遺伝的因子について

慢性閉塞性肺疾患であるCOPDは、男性に多い肺の病気ですが、具体的にはどのよ...

気道可逆性試験で喘息と鑑別できる病気とは?COPDは気道可逆性試験でもよくならない!?

気道可逆性試験は喘息を見つけるほか、喘息と違う病気の鑑別にも役立っています。気...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る