カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 食べ物・飲み物 >
  5. 空腹で眠れない時は…いっそ食べちゃおう!安眠に効果アリ!な食べ物

不眠・睡眠障害

空腹で眠れない時は…いっそ食べちゃおう!安眠に効果アリ!な食べ物

眠る前にものを食べると消化器が働くことによって眠れなくなります。ですが、お腹が空きすぎても眠れなくなることがあります。

 

●空腹と眠りの関係

空腹になると血糖値が下がります。血糖値が下がると神経細胞が活発化して、睡眠モードへ体が移行するのを防ぎます。生物にとって空腹は生命にかかわる問題です。

 

人間の場合、明日の食事が保証されているとは言えども、やはり体は野生動物のときとあまり変わりありません。空腹は危険、と判断し、餌を探せるように体を覚醒状態にします。このことから空腹になると眠れないのです。

 

●空腹で眠れない時は

空腹で眠れない時には、我慢をせずに食べることが重要です。もちろん食べ過ぎてしまうと、今度は消化のために眠れなくなりますので、適量を意識します。お腹がいっぱいにならない程度、というのを意識してみてください。

 

なお、食べるものは消化によいものやお腹に優しいものがよいとされています。

 

・ホットミルク

特におすすめはホットミルクです。ホットミルクにはトリプトファンが含まれており、トリプトファンは安心を促すセロトニンを増やす働きがあります。固形物が食べたいときにはクルミがおすすめです。

 

・クルミ

クルミに含まれるリノール酸は、脳神経を正しく働かせるDHAを作り出す力があります。クルミに軽く味付けしたおやつなども売っていますので、夜の空腹を紛らわすために食べてみるのもよいかもしれません。 

(Photo by:http://www.ashinari.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食べ物・飲み物に関する記事

安眠対策!寝付きにいい飲み物!眠りを誘う飲み物とは?お酒と睡眠の関係!

人生の三分の一は寝ているといわれています。睡眠の取り方次第で起きている2/3...

胃腸も休める睡眠をとりたい!寝る前には胃腸に食べ物を入れないで

寝付きをよくするポイントとして意外と忘れられがちなのが寝る前の食事です。 ...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る