カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. COPD >
  4. 食事・レシピ >
  5. 肺の病気は痩せてしまう?COPDの食事療法のポイント

生活習慣病

肺の病気は痩せてしまう?COPDの食事療法のポイント

COPDは40代以上の男性に多い肺疾患の一つですが、COPDの患者のおおよそ40%ぐらいが理想体重の80%未満であり栄養障害を合わせてかかえているため、積極的に栄養を補給することが求められています。

以下では、COPD患者が必要な摂取カロリー量、そして食事療法のポイントをまとめてみました。

 

COPDの患者にとって必要なカロリー摂取量は?

COPD患者は目標として摂取しなければならないカロリー量は安静時のエネルギー消費量の1.5-1.7倍とされています。男女別にCOPD患者が摂取すべきカロリー数は以下の計算式で求めることができます。

 

男性の場合:{11.5 x体重(kg)+952(kcal) }x1.6

女性の場合:{14.1x体重(kg)+515(kcal)} x1.6

 

例えば、体重が55kgの男性の場合、目標のカロリー摂取量は(11.5x55+952)x1.6=2535.2kcalとなります。このことからわかるとおり、健康な成人よりもCOPD患者はより多くエネルギーを摂取しなければならないのです。

 

COPD患者の食事療法のポイント

COPD患者は以下の点に気をつけて食事を摂らなければなりません。

 

1      三大栄養素のバランスに気をつけましょう。カロリーベースで言えば、炭水化物が50-60%、脂質が25-30%、そしてタンパク質が15-20%が理想の割合といわれています。

 

2      ビタミンをたくさんとりましょう。ビタミンはアミノ酸の合成に必要で、このことで筋肉の消耗を防止することができます。このことは、運動不足になりがちで筋肉がなくなりやすいCOPD患者には非常に重要な点です。

 

3      すぐに満腹になりやすい人は、好物を取り入れると良いでしょう。

 

4      食欲がない人は、できるだけ、カロリーの高いものから先に食べると良いでしょう。そのことで、カロリーを効率よく多めに摂取できます。

 

以上のように、COPD患者にとっては、食べることがとても重要です。

なかなか食欲がわかなくとも、食事の重要性を再認識して、しっかりと食べるようにしましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2010/11/03-341683.php?category=247)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事・レシピに関する記事

やせ過ぎの人に足りていないことが多い?必須アミノ酸が含まれる食品と効果

病気やダイエットなどでやせ過ぎの方において十分タンパク質が摂取できておらず、...


COPD(慢性閉塞性肺疾患)の食事療法は、食べ方の工夫がポイント

  COPD(慢性閉塞性肺疾患)になると呼吸困難によって食事を摂りづらく、...

呼吸商に気をつけて食べよう!

    COPD患者さんの40%は標準体重の80%以下、70%は標準体重の9...

カラダノートひろば

食事・レシピの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る