カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 足首 >
  4. リハビリ(足首) >
  5. アキレス腱断裂の際のリハビリって具体的にどんなことをするの?

関節痛・腰痛

アキレス腱断裂の際のリハビリって具体的にどんなことをするの?

アキレス腱といえば、足のふくらはぎの部分からかかとにかけてある腱ですが、この腱が切れる、すなわち断裂してしまうと周囲の人にも聞こえるぐらいの大きな音がする場合があります。

 

アキレス腱断裂は大きな怪我の一つでありますが、この症状を回復するためにはリハビリが必要です。ここでは、アキレス腱断裂の際のリハビリの具体的な内容について見ていきましょう。

 

ギブスで固定している際のリハビリ

アキレス腱が断裂した場合はギプスで患部をしっかり固定します。この期間はリハビリはできません。最初の頃はつま先にちょっとでも体重をかけただけでも強い痛みを生じます。

 

時間が経過するにつれて、ギプスがあれば体重をかけても大丈夫な状態になります。このあたりからリハビリが可能になります。

 

短下肢装具装着時のリハビリ

ギブスを取った後は短下肢装具と呼ばれる装置をつけます。これはギブスと異なり、取り外しが可能で、お風呂にはいるときなど便利です。しかも、足に全体重をかけても大丈夫なので、歩行もよりスムーズになります。

 

短下肢装具の特徴は踵の部分の高さを変えられることです。ハイヒールを想像するとわかりやすいのですが、最初はハイヒールを履いているような状態、すなわち踵をあげて踵部分に負担があまりかからないような位置にしておき、日常生活を行うことで1週間ごとに踵部分を下げていき、最終的にフラットな状態にします。

 

短下肢装具による固定解除後のリハビリ

短下肢装具を取った後もリハビリは必要です。なぜなら、ギブスや短下肢装具によって足首が硬くなってしまっており、また、ふくらはぎの筋肉が減少しているからです。

 

おおよそケガをしてから8週間が経過した後は足首を動かしたりゴムチューブを用いて、足首をやわらかくしたり、ふくらはぎの筋肉をつけていくようにしましょう。

 

アキレス腱断裂は長期に渡って歩行が困難になる重症のケガです。早期に通常の運動機能が回復するようしっかりリハビリをしていきましょう。 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: delencyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リハビリ(足首)に関する記事

足首捻挫のリハビリ

     足首の捻挫と言えば誰でも経験したことがあると思います。 特に多い...

お尻ストレッチで足首捻挫が楽になる!内転筋を鍛えて再発防止! ★図解イラストあり

  足首を捻挫した時にはリハビリが大切です。 中でも足首を捻挫しやすい人はお尻が...


身近な道具を使おう!楽しみながらできる足首のリハビリ法

  足首のリハビリは、根気よく長期的に続けなくてはなりません。道具や方法を...

温泉パワーで回復力アップ!~足首リハビリ

  関節疾患、とりわけ下半身の関節痛では、温泉を活用したリハビリが盛んです...

カラダノートひろば

リハビリ(足首)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る