カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. 下腿 >
  5. 太ももやふくらはぎに感じる痛み…もしかしたら肉離れかも?

気になる病気・症状

太ももやふくらはぎに感じる痛み…もしかしたら肉離れかも?

肉離れはイメージからして肉が骨からはがれるようなイメージがあるかもしれませんが、実際には筋肉の中の筋組織が、スポーツなどで急に強い収縮力が働いた際に、自分の筋力に耐えられなくなり断裂することを指します。

以下では肉離れの基礎知識として、発生しやすい場所、症状の現れ方、治療方法などについて見ていきましょう。

 

肉離れが発生しやすい場所

肉離れは以下の部分で発生しやすいということがわかっています。

 

大腿屈筋(太ももの裏側の筋肉)

大腿直筋(太ももの前側の筋肉)

大腿内転筋(太ももの内側の筋肉)

腓腹筋(ふくらはぎの筋)

 

年齢別で比較すると、20代の若年層は太ももの肉離れが多く、ふくらはぎの肉離れになると幅広い年齢層で発生します。

 

肉離れの症状

典型的な例で言えば、瞬発力を必要とするような運動、例えば短距離走など、を行った際に、急に強い疼痛を感じ、走れなくなります。

そして、損傷部分が大きく腫れ、内出血がみられます。また、疼痛のために、付近の関節を動かすこともままならなくなります。症状の強度によろいますが、歩行ができなくなる場合もあります。

 

肉離れの治療方法

肉離れの治療方法としては、第一義的に保存療法が採用されます。

1-2日間は損傷部分を冷却し、包帯によって圧迫・固定をします。その後様子をみながら、関節の自動運動を開始させ、包帯をとっていきます。

再度運動するにあたっては、しばらくの間ストレッチを行い、筋組織の回復を確認しつつ、軽いランニングから運動を開始していくのが良いとされています。

 

肉離れも症状が重い場合は歩行が困難になることから、日常生活に支障をきたします。

その際はできるだけ早く整形外科にいき診察を受けたほうが良いでしょう。

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

下腿に関する記事

知っておこう 3段階で見る、アキレス腱断裂の症状

  スポーツで起こりやすい肉離れは、瞬間的に大きな筋収縮を強制されたときに、筋肉...

内出血と腫れをいかに抑制するかが大切!ふくらはぎの肉離れの治療法

  大きな内出血をともなう足のケガの1つが、肉離れです。特にふくらはぎは肉...

カラダノートひろば

下腿の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る