カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. 基礎知識 >
  5. RICE処置って知ってますか?肉離れの応急処置

気になる病気・症状

RICE処置って知ってますか?肉離れの応急処置

肉離れは運動不足な人に限らず、スポーツを日常的に行っている人でも起こりうるケガの一種です。では、肉離れになった場合どのような応急処置をすれば良いのでしょうか。

 

肉離れの際の応急処置のポイント

肉離れに実際になっていしまった場合には、まず肉離れかどうか確認しましょう。肉離れの特徴として、太ももやふくらはぎに疼痛を生じ、走ることができなくなります。

そして、患部が腫れて、内出血が発生する場合があります。さらに重症の場合には、患部の部分を押した場合、陥没してしまう場合もあります。

 

RICE処置の重要性

RICE処置はスポーツによるケガ全般にあてはまる応急処置法の最も基本的なもので、以下のことを行います。

 

R = Rest (安静にすること)

I = Ice (患部を冷やす、アイシングを行うこと)

C = Compression (患部を圧迫・固定すること)

E = Elevation (挙上すること)

 

RICE処置は応急処置の大原則で、特にスポーツアスリートやトレーナーはしっかり覚えておくべき点です。

 

肉離れの応急処置のポイント

肉離れに対する応急処置の結果如何においては、治療後の通常の運動ができるようになるレベルまでの回復に要する期間を大幅に短縮できる場合があるので、しっかりと応急処置を行うことが重要です。

上記の中でも、アイシングは重要で、アイシング処置を行うことで冷やしている部分の血流を鈍くし、患部に生じがちな血液の過度な集中を抑制することができます。これがどうして大事かというと、血液が一点に集まりすぎるとキズを負っていない周囲の元気な細胞に酸素が十分に行き渡らなくなり、死滅してしまうからです。

 

以上のように、RICE処置はスポーツにおけるケガの基本的な応急処置でアイシングがその後の早期回復のためにも極めて重要なのです。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/11/29-354063.php?category=247)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

スポーツ障害が起こりやすいヒザ…腸脛靭帯炎の症状と特徴とは?

 足、特に膝はスポーツ障害が起こりやすい部位で、腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたい...

腸脛靭帯炎の治療…スポーツドクターがいる診療科に行ってみませんか?

 腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)「ランナーズニー」は、スポーツによって長...


スキー保険の仕組みを知って、自分に合わせた保険に入ろう

  他のスポーツではそういったことはないのに、スキーやスノーボードに行くときに...

スキー・スノボは危険?安全?スポーツとしての危険性とは?

  以前は多かったスキー人口ですが、今はスノーボードをしている人の方が多いよう...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る