カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. >
  5. 半月板は7割りが水分?半月板損傷のメカニズム

気になる病気・症状

半月板は7割りが水分?半月板損傷のメカニズム

半月板の損傷はスポーツに伴うケガの中でも比較的頻繁に起こるものの一つです。ここでは、半月板の役割と半月板損傷の基本的な知識として半月板損傷のメカニズムについて見ていきましょう。

 

半月板の役割

半月板というとひざを思い浮かべます。正確に言えば、半月板はふとももの骨である大腿骨とすねの骨である頚骨の間にあります。

半月板は二枚あり、内側にあるものを内側半月板、外側にあるものを外側半月板といいます。

 

半月板の形は三日月の形をしていて重要な役割として、ひざ関節の衝撃を和らげるクッションの役割、そして、ひざ関節を安定させる役割があります。

半月板は骨ではなく、その成分は7割が水分でできていて、残りはコラーゲンなどで出来ているやわらかい部位です。半月板の周囲には血管がめぐっていますがそれ以外のおおよそ7割は血行に乏しいので、一度半月板を損傷してしまうと、修復されてにくいという性質を有しています。

 

半月板損傷のメカニズム

ひざに強い衝撃が加わったり、捻ったりした際に半月板に亀裂が生ずる場合があります。このことを半月板損傷といいます。場合によっては、損傷した半月板が関節内でひっかかってしまうこともあります。

半月板損傷は以下のスポーツを行っているときに発生しやすい怪我の一つです。

サッカー

スキー

柔道

ラグビーなど

 

また、半月板は7割が水分ですが、老化につれて半月板内の水分量も低下し、そのクッション機能もまた低下していきます。そのため、高齢者を中心に半月板が磨耗した結果、ひざの痛みを生じます。このような高齢者の半月板障害は、変形性ひざ関節症として診断されます。

 

以上のように、半月板は人間が運動する上で重要な役割を果たしており、様々な理由で半月板が損傷・障害を受ける場合があるのです。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2010/07/22-338731.php?category=247)

著者: delencyさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

膝に関する記事

スポーツで半月板を損傷した場合、半月板損傷だけでなく他の膝外傷と一緒に起こりやすい!?

  ジャンプやダッシュといった運動は、足に大きな負担をかけています。その負担を...

スポーツでヒザにケガ…半月板損傷の保存療法ってどんな治療?

  膝は俊敏な動きを生み出すためには欠かすことのできない場所ですが、その分大き...


コンディションは万全?腸脛靭帯炎(ランナー膝)予防のチェックポイント

腸脛靭帯炎(ランナー膝)の予防には、スポーツをする際の環境や条件を見直すことが...

地面や床の状態や靴にも要注意!腸脛靭帯炎「ランナーズニー」の原因をシャットアウト!

腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)「ランナーズニー」を発症する人が増えていま...

カラダノートひろば

膝の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る