カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 薬物療法 >
  5. 注意点 >
  6. 高脂血症治療薬『スタチン』と『抗真菌薬』併用重篤な副作用に

生活習慣病

高脂血症治療薬『スタチン』と『抗真菌薬』併用重篤な副作用に

スタチン系薬剤と抗真菌薬の併用は、横紋筋融解症発症の可能性がある

高脂血症治療薬の中で、最も良く用いられるのはHMG-CoA還元酵素阻害剤(スタチン系薬剤)と呼ばれる、コレステロール低下作用のある薬剤ですが、このスタチン系薬剤の中で『リポバス』という薬と、抗真菌薬である『イトリゾール』を併用すると、リポバスの副作用(横紋筋融解症)が起きやすくなるとして、併用は禁忌とされています。

 

横紋筋融解症とは、筋肉細胞が壊れ成分が血中に流出することで、大量のミオグロビンが腎臓の尿細管に負荷をかけ、重症の場合急性腎不全を発症するという重篤な疾患です。

 

この作用機序としては、イトリゾールが薬剤代謝酵素である『CYP3A4』を阻害するため、リポバスの血中濃度が上昇することにあります。

 

通常、スタチン薬単独では、この副作用は稀とされていますが、併用によって血中濃度が上がることによりリスクが高まります。しかしスタチン系製剤の選び方によってこのリスクを低減することができると言われています。

 

以下では、その詳細について見ていきたいと思います。

 

スタチン系薬剤の種類と副作用発症因子について

スタチンの種類としては、以下の6種類があります。

 

◆メバロチン(水溶性)

◆リピトール(脂溶性)

◆リポバス(脂溶性)

◆リバロ(脂溶性)

◆クレストール(親水性)

◆セリバスタチン(脂溶性、販売中止)

 

<横紋筋融解症を発症しやすい因子とは?>

スタチンが横紋筋融解症を発症しやすい因子として、以下が挙げられています。

 

1)HMG-CoA阻害作用の強さ

2)脂溶性の高さ

3)筋肉細胞への移行しやすさ

4)薬物代謝酵素阻害剤との相互作用

 

各スタチン剤の、横紋筋融解症発症リスクの高さとは?

上記の副作用を発症しやすい4つの因子について、薬剤個別の特性について考えると以下のようになります。 

 

1)HMG-CoA阻害作用の強さ(強いほど、副作用が出やすい。)

HMG-CoA阻害作用によって、メバロン酸からコエンザイムQ10の産生が低下すると、横紋筋融解症が生じるという機序であると言われています。

 

<強い⇔弱い>

セリバスタチン>クレストール>リバロ>リピトール>リポバス>メバロチン

⇒メバチロンは非常に酵素阻害作用が低く、リポバスとの差は約1/4倍、セリバスタチンとの差は約1/22倍。

 

2)脂溶性の高さ(高いほど副作用が出やすい。)

脂溶性であるほど、細胞膜を通過しやすいため、横紋筋融解症が生じる。

 

<強い⇔弱い>

リポバス>セリバスタチン>リバロ>リピトール>クレストール>メバロチン

⇒リポバスは最も脂溶性が高く、セリバスタチンとの差は約1/2倍、メバロチンとの差は約1/10倍。

 

3)筋肉細胞への移行しやすさ(移行しやすいほど副作用は出やすい。)

 

<強い⇔弱い>

セリバスタチン>リポバス>リピトール>メバロチン>クレストール(リバロ:不明)

⇒セリバスタチンは肝細胞よりも筋肉細胞に移行しやすい。リポバスとクレストールの差は約1/20倍。

 

4)薬物代謝酵素阻害剤との相互作用(高いほどスタチン剤の血中濃度が高まる。)

 

<高い⇔低い>

リポバス>リピトール>メバロチン>クレストール(リバロ:不明)

⇒リポバスは非常に代謝阻害されやすく、血中濃度が高まる危険がある。クレストールとの差は約1/50倍。

 

<結果>

横紋筋融解症発症の可能性が低い(安全性が高い)順は、通常の服用量においては、メバロチン>クレストール≧リピトール≒リバロ>リポバスであると考えられています。

 

(参考ホームページ:スタチンによる横紋筋融解症リスク/ウツボの部屋)

 

参考にさせていただいたホームページによると、2010年スタチン系剤の有効性・安全性について検証が行われた結果、リピトール、リバロ、クレストールの3種の薬剤には16週の試験後においてほぼ差がないことが示されたそうです。

 

数値としては、大きな差がありますが、それら3種に関しては理論通りではないようです。しかしながら、メバチロンの安全性の高さと、リポバスが比較的安全性が低いことが上記から読み取れます。

 

いずれにしても、スタチン剤の使用には、副作用の件も含め医師との十分な話し合いが必要になります。 

(photoby://pixabay.com/

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意点に関する記事

治療薬の併用に要注意

  脂質異常症の治療薬は、併用が禁忌なものがあります。   スタチン系とフ...

高脂血症の薬物治療は効果的に

脂質異常症の治療は、食事療法に始まり、運動療法、薬物療法と、大変なものです。...


脂質異常症(高脂血症)治療薬と横紋筋融解症の関係って?

  脂質異常症(高脂血症)の治療薬には胃腸障害を中心とした副作用があります。胃...

脂質異常症の治療に『ナイアシン』は死亡率を高める危険性がある?!

低HDLコレステロール血症は、高LDLコレステロール血症と同じく動脈硬化性疾患...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る