カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. アレルギーの影響が腎臓に及ぶ「間質性腎炎」

気になる病気・症状

アレルギーの影響が腎臓に及ぶ「間質性腎炎」

 

アレルギーに悩んでいる方は、非常に多いのではないかと思います。そしてその症状は、様々な原因と発症の仕方を持っていて、簡単にまとめられるものではありません。

「間質性腎炎」もそういったアレルギー反応が関わる症状といわれています。

 

医薬品アレルギーの方は要注意

「間質性腎炎」の発症原因の中ではっきりとわかっているのは、医薬品による全身性アレルギー反応ということです。全ての医薬品に可能性があるといわれていますが、特に消炎鎮痛剤、消化性潰瘍溶剤、抗てんかん剤などの服用によって症状が出る確率が高いとされています。「間質性腎炎」としての自覚症状はほぼなく、発熱・発疹・吐き気・かゆみ・疲労感・嘔吐・呼吸困難などのアレルギー反応が出る他、体重減少・体重増加・腹痛・下痢といった症状が出ることもあります。普段からアレルギー症状の発生に慣れている方でしたら、自分の症状がアレルギーか分かるかもしれませんが、そうでない場合、過労か風邪か、くらいにしか考えないかもしれません。

 

医薬品の服用を始めたら

アレルギーに関して全く心当たりの無い方も、消炎鎮痛剤、消化性潰瘍溶剤、抗てんかん剤などの服用を始めた場合、身体の変化に細かく注意すべきといえます。上記の、風邪や過労に間違いやすい症状が、服用から約2週間~1ヶ月後に発生し、長く続いてなかなか治らない、といった場合、「間質性腎炎」を発症している可能性があるかもしれません。

 

「間質性腎炎」は、腎臓機能が低下していく病気ですから、初期症状を放置しているうちに尿量の少なさを感じる、むくみが気になるといった症状も出てきます。ここまで来てしまうと中期に差し掛かっている可能性もあり「間質性腎炎」から「急性腎不全」へ重症化している場合があります。それでもまだ、自覚症状がはっきりあるといえる状態ではないと思いますが、医薬品の摂取を始めてから、最近急に太った、痩せた、蕁麻疹がずっと治らない、むくみが尋常でない、といった状態を自他共に認めた場合、専門医の診察を受けることをお勧めします。

 

アレルギーはどういった出方をするかわからない病気です。まさか自分が!と思わずに専門医の診断を受け、病気の重症化を未然に防ぎましょう。

 

(Photo by : [//www.photo-ac.com/main/detail/39123?title=])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腎臓・膀胱・尿管に関する記事

尿毒症ってどんなもの?

  尿毒症ってよく聞くけれど、結局何のことなのか分からないという人もいらっ...

男性の尿トラブルにも効果的!骨盤底筋トレーニングで頻尿・尿漏れ改善

最近、女性だけでなく男性の尿漏れ、頻尿もクローズアップされています。女性の尿...


放置すると蛋白尿で身体のタンパク質が急激に減る!?ネフローゼ症候群の治療法

  ネフローゼ症候群は放置しておけば、蛋白尿によって身体のタンパク質が急激に失...

若い男性は要注意の急性糸球体腎炎

  「若いから病気とは無縁だ」そう思われている方は少なくないと思います。体が衰え...

カラダノートひろば

腎臓・膀胱・尿管の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る