カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 不眠症 >
  4. 不眠症の解消方法のひとつ、短眠療法 短眠療法には認知行動療法的な意味でのメリットがある!

不眠・睡眠障害

不眠症の解消方法のひとつ、短眠療法 短眠療法には認知行動療法的な意味でのメリットがある!

不眠症の解消方法のひとつに断眠療法があります。断眠療法は、一晩眠らないことで概日リズムを取り戻すという方法です。そして断眠療法とよく似ているのが短眠療法です。

 

●短眠療法とは

短眠療法とは、眠るには眠るのですが、その時間を通常よりも短くするという方法です。普段は8時間くらい眠っている方でも、5-6時間の眠りとします。

 

断眠療法と同じように、概日リズムを取り戻すことができるのが短眠療法の魅力です。また、断眠療法よりも眠る時間は多いので、昼間の眠気に負けてしまう、回復睡眠を長くとってしまうというデメリットが少ないのは、短眠療法ならではのメリットと言えるでしょう。

 

●短眠療法の認知行動療法的メリット

短眠療法には認知行動療法的な意味でのメリットもあります。つまり短眠療法を行うことによって、眠りに対する認知が変わるということです。

 

例えば8時間は眠らなければならないという強迫観念に悩まされている場合、短眠療法を行うことで、5,6時間でも大丈夫という認知が生まれます。これによって、眠る前に起こる強迫観念による不安からも解消され、眠りにつきやすくなるというメリットも出てきます。

 

短眠療法は断眠療法と同じように薬を使わないタイプの治療法なので、体に対する影響もほとんどありません。ですが、短眠療法も断眠療法と同じように、医師の指導のもと行わなければいけない点には注意が必要です。 

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

不眠症に関する記事

秋は寝やすい季節!睡眠に適した秋は、睡眠障害の改善に適した季節でもあります!

  睡眠障害の症状というのは、多少なりとも気候に左右されます。 夏の間であれば熱...

この症状に当てはまったら隠れ不眠かも!?日本人はかなりの割合で自覚症状がない「隠れ不眠」

不眠というと、布団に入っても眠れない、夜中何度も目を覚ましてしまうなどの症状を...


イライラすると眠れないって本当?イライラの原因を突き止めて快眠を♪

イライラして眠れないという話は、一度は聞いたことがあるでしょう。イライラしてい...

カラダノートひろば

不眠症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る