カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. 腫瘍 >
  5. いくつかの治療方法を持つ「膀胱ガン」は予防できる病気!?

気になる病気・症状

いくつかの治療方法を持つ「膀胱ガン」は予防できる病気!?

 

ガンと聞くと恐ろしいイメージを持っている方も多いと思います。転移、再発などを繰り返しながら、身体中を蝕んでいくといったことを思い浮かべる人もいるかもしれません。

しかし現代医学の進歩に伴い、治療可能になっているガンもあります。その1つが「膀胱ガン」といえるようです。

 

「膀胱ガン」の現状

「膀胱ガン」は、悪性の膀胱腫瘍ですがそもそも膀胱腫瘍には良性のものが少ないといわれています。つまり膀胱腫瘍のほとんどが「膀胱ガン」ということになるようです。

日本での悪性腫瘍死亡数でみると、男性で第11位、女性では第14位となっており、それほど多くはありません。統計では、女性に比べ男性の発病率が高く、70歳代が最も多いといわれています。

 

「膀胱ガン」の発病

「膀胱ガン」は膀胱内部で起こる病気ですが、主な症状は痛みを伴わない血尿だけといわれています。それ以外はほとんどが無症状とされていますが、ガン細胞が膀胱組織の中に入り込んだ場合、排尿痛や腹痛・背中の痛みなどを感じることがあるようです。

また、膀胱ガンは早期発見した場合でも再発の可能性が高いガンといわれているため、治療の際には全てのガン細胞を徹底的に取り除く必要があるようです。

 

「膀胱ガン」の治療

「膀胱ガン」にはいくつか治療方法があるようですが、基本はやはり外科手術となります。ガン細胞が膀胱組織内に入り込んでいない場合は、ガン細胞を上手く取り除くことができ、十分な治療効果が発揮されるといわれています。しかし、膀胱組織に入り込んでしまっている場合は膀胱を全摘出する場合もあるようです。

もう1つの方法として、BCG療法といったものがあります。これは結核予防とされるBCG注射と同じ成分のBCGを膀胱に注入することで、膀胱の免疫機能を活性化させ、ガン細胞を弱らせるといった治療方法です。この方法は再発防止にも使用することができ、外科手術の後、定期的にBCGを膀胱に注入することで、膀胱ガンの再発予防ができるとされています。

 

高齢者に多いとされる「膀胱ガン」ですが、原因も様々です。定期的な検査を受け適切な処置で命を守りましょう。

 

(Photo by : [//www.photo-ac.com/main/detail/1396?title=])

著者: niceさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腫瘍に関する記事

尿に異変が起きた場合、腎臓に腫瘍、ガンを発症しているかも!?

  尿に異常が認められた時は色々な病気を疑うことができます。その中でも恐ろ...

腎臓に「腫瘍」ができる・・・腎臓ガンの恐ろしさ

ガンは現代の人間にとっては、非常に馴染み深い病気となってしまったといえるようで...


おしっこの悩みがある人はチェック!女性に多い「尿道腫瘍」

  膀胱がんは男性の発症が多いのですが、尿道腫瘍は女性の発症が多く、構造的な問...

発病原因が特徴的!「膀胱の悪性腫瘍」膀胱ガンとは?

  一般的に女性の方が膀胱炎を発症しやすいといわれているため、「膀胱ガン」...

カラダノートひろば

腫瘍の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る