カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. クローン病 >
  5. 「クローン病」の治療方法!どんな方法が?

気になる病気・症状

「クローン病」の治療方法!どんな方法が?

 

「クローン病」はまだはっきりと原因がわかっていない難病の1つとされています。その症状もよくなったり悪くなったりを繰り返しながら慢性化していくため、長く治療を続けていく必要があるといわれます。

薬物投与や手術など医療的なことから、食生活の注意などの民間療法までさまざま存在しますが、どういったことを続けていく必要があるのでしょうか。

 

炎症を抑えることが基本

「クローン病」は消化管に溝の深い炎症が起こる病気です。どうしてその炎症が起こるのかは、未だはっきり解明されていませんが、最近では遺伝による免疫細胞の異常反応ではないかと考えられているようです。

「クローン病」の治療の基本は、あくまでも消化管(特に腸管)に起こっている炎症を抑えて症状の軽減をはかり、栄養状態を改善することといわれています。そのために、栄養療法と薬物量を組み合わせた、コンビネーション療法が中心となり具体的な治療といったものは難しいとされています。

 

薬物療法で、炎症を抑えるための薬剤と免疫調整剤を用いますが、これらの薬剤にも様々な種類があります。長い間研究が続けられている病気ですので、薬剤の進歩も目覚ましく高い効果を発揮するものが多数存在しますし、炎症の状態によって使い分けも行われています。

 

栄養療法も並行して行う

併せて行うのが栄養療法です。栄養療法は、栄養状態の改善だけでなく、腸管の安静と炎症の原因となる食物成分を食事から取り除くことが必須となります。こういった栄養療法で腹痛や下痢などの症状が緩和されたり、消化管内の病変の改善が見られるといわれています。

病気の症状が落ち着いている間であれば、通常の食事が可能となる場合もありますが、その食事がきっかけで悪化する可能性もあるため、食事には十分な注意が必要といえるでしょう。

 

栄養療法は、食事内容の制限があるため辛いこともあるでしょうが、病気を治癒に向かわせるためにも頑張る必要があるといえるでしょう。

 

(Photo by : [//www.photo-ac.com/main/detail/58685?title=])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

クローン病に関する記事

どういった症状が出たら「クローン病」の可能性があるの?

  「クローン病」は誰にでも発病するわけではありません。しかし、絶対に発病...

近年増えているクローン病って?

近年増えているクローン病って?クローン病は口から肛門までの消化管(特に小腸や大腸...


原因不明の炎症が消化器官全体に多発する!?クローン病の注射

  クローン病は、原因不明の炎症が小腸、大腸、肛門、胃と消化器官全体に多発...

クローン病で処方される栄養剤“エレンタール”どう飲めば良い?

クローン病の患者さんから沢山寄せられている声に「エレンタールば不味くて飲めない...

カラダノートひろば

クローン病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る