カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 腸閉塞(腸イレウス) >
  5. 突然の腹痛・吐き気・嘔吐~「腸閉塞」の可能性も!

気になる病気・症状

突然の腹痛・吐き気・嘔吐~「腸閉塞」の可能性も!

ある日突然、何の前触れもなく発病する病気が「腸閉塞」です。でも実は、その前触れは気付いていなかっただけで、すでにあったのかもしれません。

誰にでも起こる可能性のある病気ですから、十分な注意と早めの受診が重要といえるでしょう。

 

どんな症状が出るの?

「腸閉塞」は、ある日突然、激しい腹痛と吐き気、嘔吐が起こる病気です。こういった症状だけでは、何かの食物に当たったのかも?や、胃腸風邪に感染したかも?といったことを考えるかもしれません。しかし、「腸閉塞」の場合これらの症状の他に、強いお腹の張り(膨満感・膨隆感)を感じたり、やせている人の場合は張った腸がむくむくと動く状態が、皮膚の上から見えることがあります。

 

その他、キリキリと強い痛みが起こりますが、しばらくすると治まる、といった状態を繰り返す「疝痛(せんつう)発作」と呼ばれる腹痛が起きるのも大きな特徴といわれています。

 

痛みの他、吐き気や嘔吐が激しいのも特徴ですが、嘔吐物は最初は胃液や胆汁が続き、症状が進行すると腸の奥から逆流してきた腸の内容物を吐くようになります。

この状態になったら、下痢便のような色合いで便臭を伴った物を吐く用になります。

 

こういった状態まで進行した場合、吐いた直後は腹痛や吐き気が軽くなるといったことがみられるようです。しかし、自然に治る病気ではないため激しい痛みや吐き気が再度襲ってきます。そのため、時間が経つと共に顔面蒼白、冷や汗、冷感を感じるようになり、あまりに長い時間繰り返すとショック状態に陥ることもあるようです。

 

なるべく早く受診を

「腸閉塞」は自然に治ることはない病気です。そのため、お腹の張りや、吐き気を伴う腹痛を感じている場合、我慢しないで早めに外科を受診する必要があるといえるようです。

我慢のせいで、夜間や休日に受診することになった場合、適切な処置をすぐに受けることができない可能性もありますし、この病気は対処に時間がかかると命に関わる可能性もあるため、早め早めの行動が早期解決のきっかけになるといえます。

 

ついつい我慢しがちな腹痛かもしれませんが、「腸閉塞」のように自然治癒しないものの可能性もあります。早目に医師の診察を! 

(Photo by : //www.photo-ac.com/)

著者: niceさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腸閉塞(腸イレウス)に関する記事

「腸閉塞」は予防できる病気?何を注意すればいいの?

  「腸閉塞」は一歩間違うと死に至ることもある怖い病気といえます。また、治...

腸が詰まる、滞る「腸イレウス」の治療は絶食が必須

腸閉塞を起こした場合には、絶飲食が必須です。何も食べられないので、点滴での栄養...


腸内を塞いで起こる!大腸がんによる腸イレウスとは?

  腸イレウスの原因の大きなものに、大腸がんがあります。大腸がんが腸内を塞いで...

便秘は腸閉塞(イレウス)のもと

  最近、日本人に多くみられるのが便秘です。 今までは女性に多くみられて...

カラダノートひろば

腸閉塞(腸イレウス)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る