カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 腸閉塞(腸イレウス) >
  5. 死亡する危険性もある「腸閉塞」~その始まりと治療法

気になる病気・症状

死亡する危険性もある「腸閉塞」~その始まりと治療法

 

「腸閉塞」は突発的な腹痛から始まるといわれています。この突発的で波のある腹痛が発生した場合は、躊躇せず医師の診察を受けることをお勧めします。

 

「腸閉塞」の始まり

突発的な強い腹痛に襲われる状態が「腸閉塞」の始まりといえます。この痛みには波があり、キリキリとした激しい痛みが続いたと思ったら、すっと引いていき、少し時間が経つと痛みがぶり返すといった状態を繰り返します。こういった症状は一般的に「疝痛(せんつう)発作」と呼ばれています。

 

その他、お腹が張ってきたり、吐き気、嘔吐が起きると共に、排便、排ガスの停止も起こるようです。「腸閉塞」の種類にもよりますが、発熱や脱水、尿量の減少などを併発することもあるといわれています。

 

どういった治療を受けるの?

「腸閉塞」は自然治癒ができない病気ですので、医師の処置が必要となります。

 

まず、腸閉塞の治療には絶飲絶食が大前提となるといわれます。そういった状態を作り、胃腸を休ませた後の治療方法は、主に2種類といわれています。

 

1つは、鼻から吸引チューブを入れ小腸の中に溜まった懲役や食べ物を吸引し、小腸を空にして腫れが引くのを待ちます。この吸引チューブを入れている間は、絶飲絶食となるため点滴で過ごすこととなります。

 

1つ目の対処に効果が出なかった場合、2つ目の方法として開腹手術があります。開腹手術が必要なケースは、腸管の癒着が原因で「腸閉塞」が起こった場合です。この場合は開腹し、腸と腸の癒着を切り離し、腸管内を消化液や消火物が上手く通れるように整えます。

 

緊急を要する「腸閉塞」の場合は、即開腹手術となる場合もありますが、開腹手術によって腸の癒着が酷くなってしまう場合があるため、緊急ではない場合は基本的に吸引チューブでの治療が行われるようです。

 

緊急手術が必要になるほど我慢をする前に、医師の診察を受けるようにしましょう。万が一の場合は死に至ることもあるため、十分な注意が必要といえる病気でしょう。

 

(Photo by : //www.photo-ac.com/)

著者: niceさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腸閉塞(腸イレウス)に関する記事

「腸閉塞」は予防できる病気?何を注意すればいいの?

  「腸閉塞」は一歩間違うと死に至ることもある怖い病気といえます。また、治...

腸が詰まる、滞る「腸イレウス」の治療は絶食が必須

腸閉塞を起こした場合には、絶飲食が必須です。何も食べられないので、点滴での栄養...


お腹が張る!?腸閉塞(腸イレウス)とはどんな病気?なぜ腸閉塞は起こるの?

  消化器の病気に腸閉塞(腸イレウス)といわれる病気があります。腸閉塞とい...

消化不良を繰り返す「腸閉塞」~理由と原因

  「腸閉塞」という病気、比較的よく耳にするのではないでしょうか。この病気...

カラダノートひろば

腸閉塞(腸イレウス)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る