カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 腸閉塞(腸イレウス) >
  5. 「腸閉塞」は予防できる病気?何を注意すればいいの?

気になる病気・症状

「腸閉塞」は予防できる病気?何を注意すればいいの?

 

「腸閉塞」は一歩間違うと死に至ることもある怖い病気といえます。また、治療方法も絶飲絶食とハードなものですし、何よりも激しい痛みに苦しめられる病気といえます。

こういった病気ですから、できるのであれば予防したいと考えても不思議ではありません。突発性の病気ですが、果たして予防は可能なのでしょうか。

 

「腸閉塞」の予防は経験者特権

「腸閉塞」という病気は、何らかの理由で腸管内が詰まってしまい、排便や排ガスができなくなることで、それらの物が身体を逆流してくる症状を指します。そして、その逆流させるために動く腸の動きが非常に痛く、あまりにも続いた場合はショック状態に陥ることもあるほどといわれます。

腸管が詰まる原因はいくつかありますが、その中の原因の1つに、腸の癒着があります。小腸が何らかの理由で、他の腸や内臓、周辺組織と癒着することで、腸が曲がったり折れたりすることがあります。この腸の変形が原因で「腸閉塞」が起こる可能性があります。

 

そして、一度「腸閉塞」を発病し、開腹手術を受けたことがある人は、この腸の癒着が起こりやすいといえるため、「腸閉塞」を再発しやすいともいえます。

 

「腸閉塞」の予防は、1度「腸閉塞」を発病したことがある、中でも開腹手術を受けたことがある人に必要といえるでしょう。予防方法は非常に簡単で、暴飲暴食を避けることです。暴飲暴食をしていなくても、お腹が張ってくる、ガスが出にくくなるなどの症状が表れたら、食事の量を更に少なくするなどして、小腸を休ませる必要があるといえるでしょう。

 

それでも、症状の改善が見られなかった場合は、再度発病する前に医師の診察を受けるようにしましょう。

 

小腸の健康を保つ努力をする

「腸閉塞」は、腸が突然何らかの理由で詰まるために発病しますが、これは消化不良を繰り返している状態を放置した結果ともいえるかもしれません。

腸内の健康を維持するためにも、常に食物がしっかり消化・排泄されていることを気にしながら食事を取るようにしてみましょう。

 

(Photo by : [//www.photo-ac.com/main/detail/1400?title=])

著者: niceさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腸閉塞(腸イレウス)に関する記事

便秘は腸閉塞(イレウス)のもと

  最近、日本人に多くみられるのが便秘です。 今までは女性に多くみられて...

腸の動きが鈍くなり閉塞する「麻痺性イレウス」は薬が原因かも

  腸の動きが鈍くなって腸に閉塞が起きる「麻痺性イレウス」は、薬の副作用で起こ...


腸が詰まる、滞る「腸イレウス」の治療は絶食が必須

腸閉塞を起こした場合には、絶飲食が必須です。何も食べられないので、点滴での栄養...

消化不良を繰り返す「腸閉塞」~理由と原因

  「腸閉塞」という病気、比較的よく耳にするのではないでしょうか。この病気...

カラダノートひろば

腸閉塞(腸イレウス)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る