カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 盲腸・虫垂炎 >
  5. 「虫垂炎」にかかったらどうする?その対処と治療方法

気になる病気・症状

「虫垂炎」にかかったらどうする?その対処と治療方法

 

ある日突然、激しい腹痛に襲われ動けなくなる、といった症状が代表的な「虫垂炎」ですが、その発症に気付いたらどういった対処をおこなえばよいのでしょうか。

 

「虫垂炎」は早期対処が重要

激しい腹痛、嘔吐、発熱といった「虫垂炎」の典型症状に気付いたら、ともかく速やかに医師の診察を受けましょう。場合によっては、腹痛が激し過ぎ身動きが取れないといったこともあるかもしれません。そういった場合は、救急依頼をおこないましょう。

「虫垂炎」は早期対処・治療ができた場合は、大した病気ではないといえますが、発症から時間が経ったり放置があった場合、命に関わる病気を合併する可能性が高い病気です。救急依頼をすることに躊躇されることもあるかもしれませんが、その判断が命に関わることもありますので、勇気を出して助けを呼びましょう。

特に、子どもの場合は発症から重症化までの時間が短いといわれていますので、十分な注意が必要といえるでしょう。

 

「虫垂炎」の治療方法

「虫垂炎」は大きく3段階に症状が分かれる病気です。一昔前までは、「虫垂炎」と診断された場合は、全て外科手術といった治療方法が用いられていました。しかし現代では、軽い段階の「虫垂炎」の場合、内科的治療でも完治が可能といわれています。

内科的治療では、抗生物質を投与し虫垂の炎症を緩和していきます。よく「虫垂炎をちらす」といった言い方をよく聞くかと思いますが、これは実際には炎症緩和をおこなったという意味となります。開腹が必要なく、傷も残らないので軽度虫垂炎では多く用いられる方法ですが、この場合、10%~20%で再発の可能性があるのも事実です。

中度以上の「虫垂炎」の場合、外科的手術が必要となりますが、この開腹手術も大きく切るものと、小さな穴をあけるだけで傷がほとんど残らないといったものがあります。

 

内科的治療や外科的治療など、症状の状態を主としながらライフスタイルに合わせて、ある程度選ぶことができるようになってきています。

医師からの説明をしっかりと聞き、納得した上で治療方法を選択しることが大切といえるでしょう。

 

(Photo by : [//www.photo-ac.com/main/detail/68991?title=])

著者: niceさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

盲腸・虫垂炎に関する記事

急性虫垂炎(盲腸)の治療に『抗生剤』を用いると、40%再発の可能性がある?

『急性虫垂炎(=盲腸)』とは、異物や糞石などの蓄積が原因となり、虫垂内の閉塞が...

虫垂炎の原因はストレスかもしれない?

虫垂炎の原因は実はよくわかっていません。最近ではストレスも原因の一つかもしれ...


突然やってくる激しい腹痛「虫垂炎」とは?

  盲腸という言葉は昔から聞きなれている方も多いのではないでしょうか。また...

虫垂炎(盲腸)になってしまった!どう治療をするべき?

  皆さん、虫垂炎(盲腸)という病気には聞き馴染みがあるかもしれません。 ...

カラダノートひろば

盲腸・虫垂炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る