カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 内分泌 >
  4. 下垂体腺腫 >
  5. 良性でも安心できない脳腫瘍「下垂体腺腫」

気になる病気・症状

良性でも安心できない脳腫瘍「下垂体腺腫」

 

「下垂体腺腫」は、脳の一番底の下垂体と呼ばれる所に腫瘍ができる病気です。成人に多くみられる病気といわれ、脳腫瘍の中では15%程度の発生率と決して多い病気ではないようです。

 

「下垂体腺腫」を発症したら

下垂体は脳の中では主に、ホルモンの分泌を司っています。その他、眼球の動きにも関わる器官といえます。そのため、「下垂体腺腫」を発症すると、それらに関わる影響が身体に現れるといえます。

腫瘍が大きくなり神経圧迫が発生している場合は、下垂体の周辺にある視神経が圧迫されるため、目の奥や額が重くなる、痛むなどといった症状が現れる場合があります。更に圧迫が進むと、視野が狭くなるなどの症状が出ることもあるようです。

このような症状が出た場合、斜めからくる物にぶつかりやすくなったり、上部の視野に影響が出ることで赤信号と青信号の変化に鈍感になるといったことがあるようです。

 

ホルモン異常からの症状

下垂体では、身体に必要なホルモンの中でも、プロラクチンや成長ホルモン、副腎皮質ホルモンなどを作っている所です。そのため、腫瘍ができたことでプロラクチン分泌が異常におこなわれた場合は、月経異常、乳汁分泌、性欲減退、インポテンツなどの症状が現れるといわれています。

成長ホルモンの異常分泌があった場合は、身長が極端に伸びる、指が太くなる、唇が厚くなる、あごが前に突き出るなどの身体的症状の他、高血圧、糖尿病なども発症する可能性があるとされています。

そして、副腎皮質ホルモンの分泌異常があった場合は、肥満、色素沈着、多毛、高血圧などの症状が現れるといわれています。

 

このような症状をみても、「下垂体腺腫」の具体的な症状は他の脳腫瘍と異なることがわかるかと思います。

最初は違う病気を疑って受診した結果「下垂体腺腫」を疑われ、発見に至るといった方も非常に多い病気といわれています。

 

病気自体は良性で、転移もない腫瘍ですが、身体に与える影響が非常に大きい病気といえます。症状に心当たりがあったり、悩んでいる場合は一度医師の診察を受けることをお勧めします。

 

(Photo by : [//www.photo-ac.com/main/detail/24731?title=])

著者: niceさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

下垂体腺腫に関する記事

「どんな治療をするの?」下垂体腺腫の治療法とは?【後編】

  【「どんな治療をするの?」下垂体腺腫の治療法とは? 前編はコチラ】 ...

20代~50代の成人に多く発症する「下垂体腺腫」とは?

  「下垂体腺腫」は、20代~50代の成人に多く発症する病気といわれていま...


下垂体腺腫の治療は手術と薬物治療!下垂体腺腫治療ではどんな薬が使われるの?

  脳のホルモン分泌場所である下垂体に腫瘍が出来ることを下垂体腫瘍もしくは下垂...

不妊症とも関係している!?下垂体腺腫の恐ろしさ…

  下垂体という少し聞き慣れない体の部位は脳の真ん中に存在しており、その働きは...

カラダノートひろば

下垂体腺腫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る