カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 全般 >
  4. 検査 >
  5. アレルギー検査の落とし穴!遅延型アレルギーの存在を知ろう。

アレルギー

アレルギー検査の落とし穴!遅延型アレルギーの存在を知ろう。

 

アレルギーが疑われるとき、病院では血液検査パッチテストといったアレルギー検査を行います。

この検査の結果というのは

「即時型アレルギーで症状が出る可能性

を示すもの。
「遅延型アレルギー」の発症に関しては無関係なのです。


アレルギーは症状が出るタイミングによって

即時型アレルギー
 アレルゲンを摂取した後10分前後で症状が出る。
 アナフィラキシーショックを起こす可能性がある。

遅延型アレルギー
 アレルゲンを摂取した後、数時間や数日後に症状が出る。

という二つのタイプに分けられます。

遅延型アレルギーに関して、現在のところ日本での検査は不可能です。
アメリカの研究施設に血液を輸送して検査結果を取り寄せることはできますが、結果を得るまでには時間がかかる上、高額な費用がかかります。


日本の一般的な病院で行われるアレルギー検査の結果は、あくまで「目安」でしかなく、遅延型や新たなアレルゲンに関しては、実際に食べてみなければわかりません

息子の通っていた小児科でも、「検査の結果、牛乳アレルギーはない」と言われた子供がヨーグルトを食べると毎回嘔吐する、といった事例があったそうです。

検査で陰性だった食材でも、湿疹や咳などの症状が続く場合は遅延型アレルギーが疑われます。
日頃の健康状態を観察することで、遅延型アレルギーに対するアレルゲンを予測・特定し、アレルゲン除去につとめましょう。

(Photo by //pixabay.com/static/uploads/photo/2012/11/21/10/55/practice-66824_640.jpg)

著者: rabiさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査に関する記事

アレルゲンを垂らして皮膚の反応で判断!アレルギーの皮膚テスト

アレルギーの検査にはいくつかの方法がありますが、目で見て非常にわかりやすいと言...

アレルギー疾患の治療の一つ、代替療法の費用とは?気軽に始められる代替療法を知ってますか?

代替医療は、アレルギー疾患の治療のひとつとして利用されることもあります。免疫アレ...


皮膚にアレルゲンを注入?!アレルギーの皮内テスト

アレルギーの皮膚テストのひとつとして数えられるのが皮内テストです。皮内テストは...

流行時期だからわからない…?これでチェック!冬の風邪・アレルギー・インフルエンザの見分け方

冬は風邪やインフルエンザが流行る季節でもあり、それらとアレルギーの症状を見極め...

カラダノートひろば

検査の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る