カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肝臓 >
  4. 肝血管腫 >
  5. 基本は無症状の肝血管腫…でも進行していくとどうなるの?

気になる病気・症状

基本は無症状の肝血管腫…でも進行していくとどうなるの?

 

体の中に異変があったからと言って、そのすべてが体に悪影響があるものではありません。その中には良性腫瘍と言われるほぼ無害なものもあります。

 

中でも肝臓にできる肝血管腫という良性腫瘍は、人口の1~5%が持っていると言われています。

 

肝血管腫のほとんどは無症状

肝血管腫の症状はほとんどが無症状です。無自覚のまま検診を受けて、エコー検査の結果として腫瘍が認められ、特別な疾患の可能性が否定されてはじめて肝血管腫と診断されるというケースが多いようです。

 

そのため、検診などを受けなければそのまま見つからないで過ごしてしまうということも十分にあり得ることです。そもそも悪性の手術が必要な病気であっても、肝臓の病気は自覚症状が出にくいものですので、良性となるとまたさらにということも言えます。

 

進行していくとどうなるの?

肝血管腫はごく小さくコブのようになっているものもありますが、反対に直径10センチを超えるような大きな腫瘍に成長することもあります。

 

肝臓にそうした大きな腫瘍があるということは、良性であろうが悪性であろうが、その腫瘍自体の大きさで肝臓やその周辺の機能を圧迫するということです。そのため、腹痛・熱・腹部膨満感のような症状が見られるようになってきます。

 

肝血管腫自体は日を追うごとにどんどんと大きくなっていって、体の不調が実感と共に大きくなるという心配はまずありません。

 

ただし上のような症状が見られている場合には、良性と言えども腫瘍が大きくなりすぎていますので、外科的手術が必要になります。

 

肝血管腫と診断されただけでは、大きさにもよりますが、まだ深刻に考える必要はありません。その後3か月後、6か月後と検査を受けて見て腫瘍の変化の有無を確認していく必要があります。

 

「気になる病気・症状」で人気の記事はこちら

●人間ドックで発見!肝血管にできた良性の腫瘍、肝血管腫とは?

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肝血管腫に関する記事

肝血管種による播種性血管内凝固症候群

    肝血管種は肝臓の腫瘍と言ってもほとんど無害で、症状もない良性の腫...

肝血管腫はどんな検診で見つかるの?超音波・CT・MRI…画像診断で見つかる肝血管腫

腫瘍というと、生きていく上で体の異変が生じてできてくるものというイメージがあり...


良性でも切除、肝疾患があればさらに注意!肝がんの発生率が高まってしまう!?

  基本的に良性と言われる肝血管腫の腫瘍は、体に害をなすことはないため、確認さ...

切除?血管をふさぐ?肝血管腫の治療 肝動脈をふさぐ手術、肝動脈塞栓術

  肝臓に発生する良性腫瘍で持っても頻度が高いと言われているのが肝血管腫です。 ...

カラダノートひろば

肝血管腫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る