カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. ストレス >
  4. 基礎知識 >
  5. 夫在宅症候群(夫源病、主人在宅ストレス症候群)って何?

メンタル

夫在宅症候群(夫源病、主人在宅ストレス症候群)って何?

 

夫在宅症候群は、夫源病、主人在宅ストレス症候群などと呼ばれることもあります。どのような人を指すのか?どんな治療を行うのか?簡単にまとめてみました。

 

                                                                                                      

▼夫在宅症候群とは?

 

夫が一日中家にいることにより、妻がストレスをため心身に病気をおこすことです。

 

例1)夫の休日、子育ての大変な時で妻は休めないにも関わらず、夫だけ好き勝手すごすことで、心身に異常がでる。

例2)夫が定年退職後、ずっと家にいる上、妻がでかけることに不満を言ったり、一緒についていこうとして、妻が自由を奪われストレスをため、心身に異常がでる。更年期障害が悪化したり治らない大きな原因と言われています。

 

一般的には、例2)について使われる場合が圧倒的に多いです。

 

 

▼夫在宅症候群を治すには?

 

◎上記例1)の場合

 

まずは子供を親に預けるなど、お母さん一人の時間を積極的にとり、気分転換が必要です。気分転換をしてやる気になったら下記にとりかかりましょう。

 

「夫を子育てパパに育てる」という意識をもつ。夫は子供を産んでいない為、少しずつ子育て生活に慣れていく必要があります。「こちらは24時間休みがないから、夫が休みの日は、妻と休みを分け合うのが当たり前なんだよ」と、根気よく何度も悟すことが必要です。休みの日は遅くまで寝かしておく代わりに、夕方からは積極的に手伝ってもらうよう指示するなど、夫が自発的に動くのを待つのはやめましょう。

 

また、家事をやろうとしてもわからないというのも夫たちの本音です。嫁姑が台所でぶつかるように、家事は普段その場所でやらないものがやろうとするとスムーズにいきません。お皿の洗い方や拭き方、食器をなおす場所、おむつの処分の仕方、お風呂の入れ方、寝かしつけのわざ等、慣れないとできないものです。根気よく、繰り返し挑戦してもらい、慣れてもらいましょう。

 

 

◎上記例2)の場合

 

妻が夫に遠慮せず、不在の時間を増やすことです。これは、ご主人を一人で生活できる人に慣らし、妻への依存を減らす効果を狙っています。

 

まずは昼間、別行動をとる回数を多くすることからはじめ、夫が昼ごはんは自分で全部準備できるようにしむけて行きましょう。それをクリアしたら、一泊で友達と遊びに行くチャレンジです。夫は不機嫌になるかもしれませんが、自分がうつっぽくなったり更年期症状が悪化するよりも良いと考えましょう。何度か一泊を繰り返すうちに、ご主人も慣れてきます。最終的にはご主人をおいて長期旅行できるようになれば、かなりストレスは減って、病状も軽くなっているはずです。

 

どう考えても、少しも夫を放って出かけられないというなら、妻の方にも問題がありますから、医者に夫を説得してもらい安心するためにも、夫婦でカウンセリングを受けるのがおすすめです。しかし、そういう場合、夫を診察に向かわせることも難しいでしょうから、家族や夫婦のカウンセリングが得意な精神科やカウンセリング施設に、まずは妻だけ通うことからスタートしましょう。

 

もしも、暴力や暴言がひどい夫なら、夫は何か強い不安を抱え苦しんでいますから、早急にカウンセリングや薬の処方を受ける事が、間違った悲劇に発展させないで済みます。

 

また、夫婦でセックスをすることも夫在宅症候群には効果があると言われています。

 

 

以上を、参考に夫対策をとり、少しでも病状を回復させるのに役立ててくださいね。

 

(Photo by://pixabay.com/ja/%E9%AB%98%E9%BD%A2%E8%80%85-%E5%8F%A4%E3%81%84-%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E9%AB%98%E9%BD%A2%E8%80%85%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AB-%E6%AE%8B%E3%82%8A%E3%81%AE%E9%83%A8%E5%88%86-114328/)

著者: 真綾さん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

あなたの爪は健康ですか?爪の色で見る「夏の疲れ」診断!こんな爪の人は疲れているかも…

  疲れというのは病気ではありませんから、人と比べたり、数値として出すことができ...

よく耳にする精神病一覧~病名・種類・特徴的な症状まで~

昔はただのやる気の問題や、その人の性格の問題で片づけられていたことが、今では病...


なぜ精神病検査で血液検査をするの?血液検査の大事な意味

精神病を疑って、精神科を受診したとき、検査の一環として血液採取を行います。 精...

ストレスに負けないで。中学受験を控える子どものストレスを知ろう

大切な我が子をストレスから守りたい・・・きっと、親なら誰もが思うことでしょう。...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る