カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中期(5~7ヵ月) >
  4. 妊娠中は口内トラブルが起きやすい!?妊娠中のオーラルケア

妊娠・出産

妊娠中は口内トラブルが起きやすい!?妊娠中のオーラルケア

妊娠中は、妊娠に伴うホルモンの変化により、身体のいたるところに変化や不調が現れます。歯茎の腫れや出血もその一つです。妊娠中のオーラルケアについてみていきましょう。

 

妊娠中の口内トラブル

妊娠して女性ホルモンが急増すると、歯肉に炎症が起こりやすくなったり、唾液が酸性になって口の中が乾燥し、ネバネバしやすくなります。

 

また、つわりにより食事の回数が不規則になったり、空腹を避けるために飴やガムを噛んでいることが多くなることで、食後は歯磨き、という習慣ができにくいことがあります。妊婦さんによっては、歯磨きによる吐き気が強く、歯磨き自体を念入りにすることができない方もいるでしょう。

 

怖いのは歯周病

上記のような環境で歯磨きの習慣がおろそかになってしまうと、歯の汚れや歯石が原因で歯周病も起こってきます。歯周病というと歯茎の炎症や出血を思い浮かべがちですが、慢性化してひどくなると歯を支える骨にまで影響を及ぼし、歯が動揺したり膿が出てくるようなひどい症状になります。

 

そうなった場合、早産や低体重児のリスクが高まるというデータもあります。出産を無事済ませるためにも、オーラルケアは無関係な話ではないのです。

 

歯医者でのケアは安定している中期のうちに!

歯周病を防ぐためには、日々のセルフケアですが、それが不安定になってしまう妊娠中はプロの手を借りることも必要でしょう。出来るだけ定期的に歯医者さんで見てもらうような機会を作りましょう。

 

歯のクリーニングや歯石取りも、安定している時期に済ませると良いでしょう。つわりがある初期はもちろん、お腹が大きな後期になると歯医者さんの椅子であおむけで寝ているのは苦しいためです。

 

つわりや体調と相談しながら自分で行う歯磨きの時間も大切にし、オーラルケアを行って行きましょう。

 

「健康診断・健康管理」で人気の記事はこちら

●歯だって定期健診は必須!頻度と費用はどれくらいかチェック!

 

(Photo by:http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠中期(5~7ヵ月)に関する記事

検診で逆子が発覚!逆子は自然に直ることもある?

赤ちゃんはお腹の中で動き回っているので、妊娠初期であれば、逆子と言われた場合...

妊娠中期はいつ?妊娠中期のつらいつわりの原因と対策方法

妊娠中期になると、つわりがまだ終わってない人・再開してしまう人・つわりのつらさ...

妊娠中期(5~7ヵ月)の体験談

順調にお腹の赤ちゃんが成長!3Dエコーで確認

胎動も日に日にはっきりしてきて、日々赤ちゃんの成長を感じます。 3Dエコーのおかげでだいぶ赤ちゃん...

浮腫みがすごい>< 解消法は。。。??

私は妊娠6ヶ月くらいからつわりも殆どなくなり、だんだん食欲が旺盛になってきました。 病院でも体重管...

カラダノートひろば

妊娠中期(5~7ヵ月)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る