カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中期(5~7ヵ月) >
  4. 体調・症状 >
  5. 妊娠中は口内トラブルが起きやすい!?妊娠中のオーラルケア

妊娠・出産

妊娠中は口内トラブルが起きやすい!?妊娠中のオーラルケア

妊娠中は、妊娠に伴うホルモンの変化により、身体のいたるところに変化や不調が現れます。歯茎の腫れや出血もその一つです。妊娠中のオーラルケアについてみていきましょう。

 

妊娠中の口内トラブル

妊娠して女性ホルモンが急増すると、歯肉に炎症が起こりやすくなったり、唾液が酸性になって口の中が乾燥し、ネバネバしやすくなります。

 

また、つわりにより食事の回数が不規則になったり、空腹を避けるために飴やガムを噛んでいることが多くなることで、食後は歯磨き、という習慣ができにくいことがあります。妊婦さんによっては、歯磨きによる吐き気が強く、歯磨き自体を念入りにすることができない方もいるでしょう。

 

怖いのは歯周病

上記のような環境で歯磨きの習慣がおろそかになってしまうと、歯の汚れや歯石が原因で歯周病も起こってきます。歯周病というと歯茎の炎症や出血を思い浮かべがちですが、慢性化してひどくなると歯を支える骨にまで影響を及ぼし、歯が動揺したり膿が出てくるようなひどい症状になります。

 

そうなった場合、早産や低体重児のリスクが高まるというデータもあります。出産を無事済ませるためにも、オーラルケアは無関係な話ではないのです。

 

歯医者でのケアは安定している中期のうちに!

歯周病を防ぐためには、日々のセルフケアですが、それが不安定になってしまう妊娠中はプロの手を借りることも必要でしょう。出来るだけ定期的に歯医者さんで見てもらうような機会を作りましょう。

 

歯のクリーニングや歯石取りも、安定している時期に済ませると良いでしょう。つわりがある初期はもちろん、お腹が大きな後期になると歯医者さんの椅子であおむけで寝ているのは苦しいためです。

 

つわりや体調と相談しながら自分で行う歯磨きの時間も大切にし、オーラルケアを行って行きましょう。

 

「健康診断・健康管理」で人気の記事はこちら

●歯だって定期健診は必須!頻度と費用はどれくらいかチェック!

 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: munpuriさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

体調・症状に関する記事

妊娠5カ月!赤ちゃんとママの体はどんな状態?

妊娠5カ月(16~19週)になるといよいよ安定期に入ります。 この頃の赤ち...

お腹や手足の強いかゆみ…それって「妊娠性痒疹」かも?!

妊娠中は肌が敏感になり、いつもと同じケアをしていても、痒みが出やすくなります...

体調・症状の体験談

肌のケアは妊娠線予防だけ気にすると落とし穴が・・・!

妊娠をしてから、肌の質が少し変化して、痒みや乾燥を感じ寝付きが悪くなることもありました。 そんな時...

【切迫流産】回復してからの体力不足と疲れ…そして切迫早産に

3カ月ほどの寝たきり生活をやっと終えて、お医者さんからも、絶対安静をといていただいた翌日から、心が晴...

カラダノートひろば

体調・症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る